youtube 電話 お問い合わせ

婚活アプリはただの真面目風な出会い系サイトです

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

先日、このようなニュースを見ました。
新聞婚活で交際…実はセールス マンション購入後疎遠に 男女12人が集団提訴

婚活アプリで出会った、結婚したい女性の気持ちにつけこんでセールスをし、マンションを購入させた事件。

こういう事件は後をたちません。結婚詐欺師にとっては、お金を騙し取れるカモを見つけやすい時代にもなったとも思います。

婚活アドバイザーにとっての「婚活アプリ」

結婚相談所で仲人業について長い私にとっては、婚活サイト自体の存在もあまりよく分かりません。

出会い系サイトは、セフレ目的や不倫目的など、真面目に結婚相手を探している人以外も“色んな出会い”が目的で利用されます。婚活サイトというのは、セフレ目的や既婚者は絶対にいないのでしょうか?私が登録した複数の有名婚活アプリには、セフレ希望の男性や既婚者が沢山潜んでいました。

「婚活アプリ」と聞くと真面目そうな印象があります。ですが、「比較的、婚活目的の方も登録している」くらいの認識で利用した方が良いと思います。

今回のことも出会い系サイトで男性が女性に騙されてお金を貸したり、ブランドものの高価な商品を買わされたりすることと同列で、金額が大きく悪質なだけです。

出会い系サイトで出会うのは自己責任。

勉強代にしては高すぎるし、相場よりも高い金額で買わされたからこのような訴訟という形になったとの思いますが、マンションを購入するほどの金額でなく数十万単位でお金を騙し取られた、などのレベルだったら被害者も泣き寝入りしていたかもしれません

婚活サイトは、真面目な感じがするから、そこで出会う男性も真面目に相手を探していると思ってしまうのかもしれない。

今回、こんな被害に遭ってしまった女性の方も深く傷ついてもう恋愛なんてこりごりと思ってしまうでしょう。婚活サイトは気軽に登録できる分、色んな人がいます。

登録するなら、正しく利用しましょう。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ