youtube 電話 お問い合わせ

結婚相談所で難なく成婚できる5項目

 

結婚相談所に入るからには、結婚までいかないとお金と時間の無駄です。

じゃあ、どういうタイプがスムーズに成婚までたどり着くか?

これは男性の場合、年収・学歴など条件の良し悪しではありません。
そりゃあ、年収が高くて見た目にも清潔感があればお見合いはたくさんできます。
そういう男性は、正直、楽です。

女性の場合、美人ならいいというわけでもありません。

今日は結婚相談所でスムーズに成婚するタイプについてです。



1.婚活に使える時間が週1・2回ある。

これは土日祝日が休みであったり、お見合いやデートに使える時間です。
仕事が忙しすぎて、思うようにお見合いが出来ず、交際してもなかなか進展しない人は、
やはり仕事が中心の生活で、どうしてもいいご縁に結びつかない。
たとえば40代勤務医。
お見合いのオファーは引く手あまた。
でも時間がない、なさすぎるのに時間は止まらない。
これはその人が悪いわけではありませんが、とってももったいないですね。

 

2.アドバイザーとのコミュニケーションが十分にとれている。

アドバイザーは普段、会員と話しながら、
その人の性格・特徴・ウィークポイントなどをコミュニケーションをとっていく中で、掴んでいきます。
その人にどんな相手が合うか、
アドバイザーから見た印象や所見。
これはその人のお相手捜しに大きく影響します。
また交際状況や、すべてにおいて、何でも言える間柄であるということ。
信頼関係が大切なんです。

 

3.現実的に対応が出来る。

つまずいた際に臨機応変にその後の対応をしていかなければ前進しません。
例えば、お見合いまで至らない。これでは頭打ちの状態です。

じゃあ、お見合いの申し込みをする選び方を変えてみよう。
(ex.年齢をあげてみる、など確実にレスポンスが返ってくる人に絞り込む)
例えば、お見合いしてもいいお返事がなかなかもらえない。


じゃあ、お見合いの仕方に何か問題があるはずだ。
などですね。
ようは、どれくらい頭を柔らかく寛容な姿勢でいられるかです。

正直、アドバイザーもその人の欠点を指摘するのは気持ちのいいものではありません。
その人のモチベーションを下げずに、いいアドバイスをするのはとても神経を使います。
厳しいことを申し上げるかもしれませんが、受け止められる度量がほしいです。

 

4.結婚に対するイメージがきちんとある。

先日も書きましたが、
かわいい服を見てもそれを着ている自分をイメージできなければ、その服は買わないでしょう。
結婚するイメージを持っていなければ、それは実現しません。
そのイメージを実現させるために、
自分の中での変化を、お相手捜しをしながら感じることが出来るでしょう。

 

5.バランス感覚がある。

これがある人とない人とでは、だいぶ違います。
バランスとはお相手と自分のバランスです。

 

この5か条は、自分のスペック(性別・年収・学歴・ルックス)などまったく関係なく、
すべての人が結婚相談所で成婚する上で必要な要素です。

これが全部兼ね備えられている人はほっといても成婚していきます。
私たちアドバイザーはそれを補い、成婚のお手伝いをするのが仕事だって思っています。

 

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ