youtube 電話 お問い合わせ

恋人に発展するために【お見合い後編】

先日、交際中の当方男性と別の相談所の女性との交際について
先方の担当者と電話で交際状況を話していた際、

「4回目のデートで

彼から好きなので付き合ってくださいと言われたそうで。。。
もう付き合ってるのに~あはは」

と言われました。
でも、これがかえって良かったようで、
晴れて恋人となり、その後急速に2人の仲が進展し、成婚されましたキラキラ
私はなんでその担当者が笑ったかよくわかんなかったんです。

だってお見合いの後、OKのお返事を出したって
たかだか2時間程度お話しただけです。
便宜上、アドバイザーはこの時点で交際と言ってしまいますが、
お見合いしてOKのお返事をしてからすぐ恋人という枠にいれられてしまうのは、
男女共にとまどうでしょう。

必ず、どちらかに温度差も生じてくるはずです。
私は何回かデートして、気持ちが入ってきたらきちんと告白するように当たり前の流れとして
男性会員にはアドバイスしています。

お見合いはそのへんが曖昧なんですよね、汗

お見合いってなんか堅苦しいイメージがありますが、
写真付のデータがきっかけで、出会うという出会いのツールなだけです。

成婚された方は口を揃えて、
お見合いで会ってからは、普通の恋愛と変わらなかった、とおっしゃいます。
そうです、お見合いも恋愛だもん。
結婚するんだから、恋愛感情なしではできません。
だからきちんと交際に入った時は、正式に交際に発展させるために
男性からでも女性からでも気持ちを伝えてほしいです。

それが3ヶ月で成婚するポイントの1つでもあります。
ERIKO

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ