youtube 電話 お問い合わせ

結婚相談所でパートナーを見つけられないタイプ

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

って、いきなりすごく寒くなりましたよね。風邪など、気をつけてくださいね。

さて、「ありのままを全て見せるのよ」というアナ雪の画像からお届けしていますが、結婚相談所での婚活はありのままを見せていいところとだめなところがあります。

ありのままのご自分で結婚相談所で活動していて、今、婚活に行き詰ってる自覚がある方

結婚相談所でパートナーを見つけられない原因として、次のことに当てはまっている方は婚活の仕方を改める必要があるかもしれません。

◆自分は結婚がしたいのか?それとも、理想の人を見つけたいのか?

この目標の持ち方で、成婚というゴール地点は大きく変わります。

前者は結婚するために、自分の考えや思いこんでいることを変えていける要素をちゃんと持てるタイプ。

後者は妥当な相手でも妥協していると感じてしまったり、ご自分の価値観が揺るがないところがあるタイプです。実際、お見合いも本数をこなせない現状があり、そうなると、お相手探しに対する判断材料も少ないので「自分にはどんな人が合うのか」「どんな人が自分をいいと思ってくれるのか」を見つけることが難しくなってしまいます。

◆プライベートで結婚を考えてくれていないような相手と、実は付き合っている。

恋人がいる、というのは、その時はすごく楽しいと思います。責任がないからお互い一緒にいる時間を楽しんでいられます。

お互いが楽しいだけでいいならいいけれど、婚活中の方にとっては、恋人の存在で他の人に目がいかないし邪魔な存在になっちゃう。恋人が結婚を考えてくれるように、お相手の気持ちを変えるのと、ご自分の考えを変えるのと、どっちが簡単でしょう?

◆待ってるだけで、ご自分から婚活していない方。

お見合いの申し込みをいれて、お相手に断られることに抵抗があり、ショックを受けたくないから、申し込みができない方。

せっかく結婚相談所に入会しているのに、有効活用できていないのはもったいないです。

「つらい時は、夢を見よう」

イメージトレーニング、大切です。

ご自分の結婚生活をイメージしたときに、どういうお相手じゃないとだめなのか、そのお相手と出会えてないのはなぜなのか、きちんと向き合って、どんなお相手とだったら恋愛に進展できるんだろう、自然体でいられるんだろう、それを理想の条件の相手像とすりあわせて、ここは大して重要じゃない、どの部分は実は気にならないことだった、とか改めて分かることもあります。

婚活期間をできるだけ短く、成婚するために、行き詰っていると感じている方は振り返ってみましょう。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ