youtube 電話 お問い合わせ

婚活か恋活か、入籍は今はまだ考えていないというシニア世代の方へ

こんにちは、銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

「まだ子供が独立するまでは、結婚なんて考えられないんですけど、子供が独立して安心できるようになってから、結婚はしたいと考えています。

でもその時は、自分は今よりも高齢になってしまうし、入籍は余裕を持って考えたいというスタンスで、お見合い婚活をしてもいいんでしょうか?」

こういう声は、40代後半~50代前半の方にすごく多いです。

こういうスタンスの方は、結婚相手を探したいというわけではないので、お見合いパーティーに主に参加していらっしゃいます。ですが、お見合いパーティーはこわい、どんな人がくるかわからないから不安と思う方も少なくないです。

それに現実的な条件や問題が気になる世代でもありますので、効率的かというとパーティーは気軽に同世代の人と出会えるのが魅力ですが、希望の人が参加するかしないかは運です。

実際、私の担当する中高年・熟年シニア世代の会員様は↑のようなスタンスで結婚相談所でお見合い婚活されていますよ^^

プロフィールにも入籍に関しては、余裕を持ってくださる方が希望ということも事前に記載しています。

結婚相談所の交際期間は原則として3ヶ月。

中高年・熟年シニア世代だからこそ、お相手とじっくりお付き合いして、これからの人生のパートナーになってほしいと思う人にとって、その方が、即入籍したい!という人よりも気持ち的に負担が軽くなる部分があります。

1年半前に成婚した50代カップルもまだ入籍せず週末婚で、彼のおうちを彼女好みにリフォームしたり、入籍できるその日が来るのをゆっくり楽しみながら過ごしているようです。^^

結婚相談所で出会って成婚退会するわけですから、婚約という形でお付き合いした方がもちろんいいですね。

中高年・熟年シニア世代のお相手さがしは様々です。

過去記事:中高年・熟年シニア世代の男性と女性の「お茶のみ友達」感覚の違い

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ