営業時間 / 13:00~20:00(平日) 11:00~20:00(土日祝)  定休日 / 火・水

営業時間
2017.01.09 結婚相談所で結婚を目指す!(193)→♀婚活女性必読ブログ(71)

結果、幸せになれる相手選びの視点

 

◆10年前と今の婚活事情は・・・

 

10年くらい前は20代が結婚相談所でお見合い婚活していたら「おっ(´゚ω゚`)20代!」と思ったものです。

それだけ20代はめずらしかったし、登録者数もそこまで多くなく、レア感がありました。

でも今は20代の登録女性が当時の倍以上です。

今は20代の、クラスでも1番イケてたグループにいたようなかわいい子が普通にサラ~ッと、しれっと、登録してる時代。

20代の若い人たちは、結婚相談所を「効率よく希望の条件の人と出会えるツール」と割り切って賢く利用している感がありますネ!

 

でもそうなってくると・・・・

20代のかわいい女性が増える→30代女性の婚活が厳しくなる!

 

一方、アラフォーの世代の女性が1番結婚相談所に対してのイメージが悪いようで、

「モテない人の集まり」「最終手段」「かっこ悪い」「恥ずかしい」というような思いがイメージとしてあるみたい。

はい、モロに私、立花の世代です。

たしかに実際に結婚相談所で婚活アドバイザーをしているという話になると、

「変な人ばっかりなんでしょ?」みたいなことを言われたり、どこか否定的な印象を持っているように感じます。

 

例えば10年前に婚活してた36歳女性がお見合いした男性のプロフィールを見ると、

今の36歳こんなに好条件の男性たちとお見合いできないかも!?って思ったりもします。

それだけ結婚相談所が色々なタイプの人に広く利用されるようになったのだな~と感じます。

 

そしてそんな色々なタイプの人が登録しているバラエティにとんだプロフィールの中であなたは相手のどの部分に1番注目します?

これは人によって何を重視するかでもちろん違うんですけど・・・

男性はね、身長とか見た目とか年収・学歴とか色んな部分を女性に見られるでしょう??

でも女性のプロフィールの何を男性が見るかというと・・・

パッと見の写真の印象と、年齢。住んでいるところ。

あとはその人のタイミングΣ(゚Д゚)

実際はこれが8割、なのです。

naobim / Pixabay

 

◆女性が婚期を逃してしまう要因とは・・・

 

男性は学歴や年収や職業で客観的に自分自身の身の程を知ることがそれなりにできるけど、

女性は自分の価値を客観的に見ることができないため高望みをどんどんするようになり婚期を逃してしまうんです。

自分磨きが趣味のような意識高い系のアラフォー

皆さんきれいなのです。相当モテてきたと思います。

だからといって頭では理解しても、こういうことは理屈じゃないですから・・・

高収入の年下のイケメン男性に申し込みをしたりご乱心してしまいます。

自分にアプローチしてくれている相手を結婚の対象として見られないのはもう、自分の問題で、そこをどうにかできなければ結婚できる確率は低くなるし、本気で変わらなきゃと思えるのは、もしかしたら今じゃないのかもしれません。

だからちょっと自分に自信がないような受け身な女性の方が案外早くスムーズに成婚までいくんです。

そういうタイプの人は「自分にはこういう人じゃないといけない」と思い込まず、プライドや見栄をはらず、純粋に「早くパートナーを探したい」と婚活を一生懸命がんばりますから。

 

 

「どういう人が自分を幸せと感じさせてくれるのか」

よりも

「どういう人といたら、自分が不幸にならないのか」

という点について改めて考えてみるとお相手選びの視点も変わるかもしれません。

自分の幸せ=???

婚活は自分自身と向き合うこと。

婚活して最初の半年は自分自身を見つめ直す・探すくらいの気持ちで始めていくといいと思います。

入会して2,3ヶ月で成婚なんてのは、自分とすでに向き合ってる状態で入会して運良く会えた人たちなのだとさっぱり考えていきましょう~!

 

 

 

 

Tags

婚活女性相手探し