youtube 電話 お問い合わせ

【お見合い】相手の印象を悪くするタブーな質問集その2

パソコン【お見合い】相手の印象を悪くするタブーな質問集

今日はその2ですっ。

 

意外といいようで、実はあまり望ましくない話題があります。

最初からお互いにバッチリ!!ぴったんこ!!みたいな通じるものがある相手にはアリですが、

この場合、 お相手と家家が近い場合など、

ローカルな話題がそれだっ!!

 

偶然、お見合い相手と最寄駅が一緒だった!

これは嬉しい偶然ですよね。

交際に入ったら遠いよりは近い方が会うチャンスも増えるし発展しやすいしドキドキ

地理的・距離的なことが理由でご縁がなかったということにはならない。


だけれども、お見合いの時には十分注意してほしい話題です。

「駅前のラーメン屋は行ったことありますか?」

「えっ、じゃあよく行くスーパーは○○ですか!?」


親近感を感じて、より多くの共通点を探そうとします。


出来れば、私はローカルすぎる話題は避けた方がいいと思う。


特に女性に多いんですが、行動範囲などを知られたくない人は結構います。

あなたの舞い上がったテンションとは裏腹にあまり話題にしたくないばかりに、

相手の口数を減らしてしまっては大変です。

もしお断りしたり、逆にされたりした場合、同じお店でばったり出くわしてもなんか気まづいし。


確実に返ってくる手ごたえが感じられない場合は避けた方が無難な話題です。




立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ