youtube 電話 お問い合わせ

【現在婚活中】今の結婚相談所では見つかる気がしない

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

もう寒いの飽きた!皆様は風邪などひいてないですか?

私はといえばこないだのふるさと祭りに行ったお友だちが実はインフルエンザだったことが翌日判明。

なのに感染っていなかった自分の健康さが怖い今日この頃です。

最近、カウンセリングしてて感じるのは、「現在、別の結婚相談所で婚活中。」という方がとっても多いということ。

それだけ結婚相談所の利用者が増えたってことだなあ、と思いつつも、なぜ別の結婚相談所の話を聞きに来たのかというと・・・・

  • 「全然、お見合いができない」
  • 「毎月◯名紹介してくれるということで入会したのに、自分の希望の相手のプロフィールが送られてくるだけで、決してお見合いができる相手のプロフィールではないということが分かって、間違えた・・・!このシステムでは自分はダメだ・・・!と思ってしまった」
  • 「お見合いはできるけど、交際しても長続きしなくて、もっと色々と気軽に相談できるようなサポートをしてくれる結婚相談所がいいなと思った」
  • 「結婚相談所側に成婚をさせたいという気持ちが見られない。」
  • 「婚活アドバイザーと合わない」
  • 「なんかむかつく」

などなどそれぞれに色んな具体的な理由があるんですけど、とどのつまり「今の結婚相談所にいても相手が見つかる気がしない!(゚Д゚)」というお気持ちで、他の結婚相談所はどんな感じなのか話だけでも聞いておこうという思いからの行動。

中には結婚相談所に対していやな思いをしてマイナスなイメージを持ってしまっている方も少なくはなので、(また同じような感じになるんじゃないの?)とか(本当にこれで結婚相手が見つかるの?)とか不安でしょうし、婚活ってお金かかるわ・・・┐(´д`)┌というのが共通してるお気持ちです。

そこから一歩踏み出してまた新しい結婚相談所に、入会する・・・というのは、それはそれは勇気のいることだと思います。

実際ブライダルゼルムに入会する人の6割は、【結婚相談所で婚活経験がある人】です。

そんな中、大半の方は、カウンセリングの時はやっぱり、当時の苦い経験の時のイメージがそのまま残っているひくーいひくーいテンションです。

前と同じ婚活にならないための鍵は・・・?

会員様は婚活中、どういう人が自分にアプローチしてくれて、ご自分がどういう人に惹かれるのかを、断ったり断られたりしながら経験値をつんでいきます。

そうしていくうちにどんどん意識も変わって、お相手に求めるものにも変化が出て自分自身が不幸にならない、幸せな生活を送るにはこういう人がいい、という相手へのイメージが見えてくる。

その変化は、婚活アドバイザーから見て、「成長」に近いです。

私たち婚活アドバイザーはお花を育ててるみたいなもので、お水をやったり、お世話して咲くのをお手伝いしているんです。

だから、お花のお世話をしないと、どういうふうにお花が育ってるのか、わかんないじゃないですか。

勝手にほっといても花が咲いてくれるならいいですけど、枯れちゃうかもしれないし、アドバイザーが会員様に対してノータッチのところだと、その意識の変化がわからないので、本人も育っていけないように思います。

だから婚活アドバイザーとのコミュニケーションってすっごく大切。

「自分のお花を咲かせてくれそうだな」とちゃんと思えるアドバイザー探しが成功の鍵だと思います。

もちろん自分も咲くように頑張ることが大切です。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ