youtube 電話 お問い合わせ

シニア婚活後の結婚生活でうまくいくコツ~大切なのはスキンシップ

こんにちは、銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

中高年・熟年シニア世代の結婚生活はライフスタイルに工夫が必要・・・ということはこのブログでも度々お伝えしてまいりました。

シニア世代はお仕事を退職して現役を退いて、アルバイト+年金でお仕事をしていたり、まだバリバリお仕事をしていたり、完全にフリーな老後だったり、環境や働き方も人それぞれです。

その中で「束縛せずある程度、自由な時間を作ること」が大切だと、先日お越しになったご成婚退会された元会員様もお話してくださいました。

こないだ以前ご成婚した50代女性から久しぶりに連絡をいただきまして、その女性自身も実践している夫婦生活がうまくいくコツを聞くことができました。

中高年・熟年シニア世代の結婚生活に大切なのはスキンシップ

以前、結婚相談所を成婚退会したはいいが、いざ同居生活をスタートしてみると女性も仕事を持っていてるため忙しく、家事もほとんどやらず、食事の支度もせず、会社経営の男性の方が時間に余裕があり、朝食を用意したりして、「何のために一緒になったんだ・・・?」と男性が疑問に思った・・・ということがありました。

結局2人は入籍前に別れてしまったんですが、彼の中で別れの決定打になってしまったのが、このスキンシップ。

一緒になったのにイチャイチャもない。なんか家を間借りさせてるだけみたいな感覚になってしまったそうです。

「本当に、こんな成婚を早く決めちゃっていいんですか?」なんてやりとりも私とあったくらい、あっというまにトントンと交際が進み、いつのまにかプロポーズして成婚すると退会していっちゃったんですね。

入籍する前で本当によかった・・・と、今では彼も別の女性と幸せにやっていますけど・・・。

そう、スキンシップ。

今回、ご連絡をくださった女性もスキンシップを大切にされているそうです。

子供を持たない2人暮らしだからこそ、「子供のために我慢しよう」とならないのが中高年・熟年シニア世代の結婚生活

仲良く生活していくには、それなりにお互いに気遣いや努力も必要ですね。熟年結婚・シニア婚された皆さまは、スキンシップをどうとっていますか?

それをご紹介していきたいと思います。

①マッサージをしてあげる

マッサージでリラックスさせてあげて、コミュニケーションをとりやすい環境作りをする。

「何か言いたいことがある時、面と向かって愚痴などは言いにくいですし、かと言って言わないと伝わらないこともあるので、自分が甘えられるシチュエーションを作っておしゃべりするようにしています」

②行ってきます、おやすみなさいのハグやキスを習慣にする。

これは女性から言ってみましょう。

男性も最初は恥ずかしがってみたりしてもうれしいものです。

③2人の共通の趣味を楽しむ

趣味でも習い事でも、【何か1つの事を2人で楽しむ】ということをしたくて、お相手探しをしてきたようなものです。

やってみたことのないことでもとにかく挑戦。試してみる。

野球観戦なんて全然興味がなかったことでも、案外、球場で実際に見たら楽しいものだったり発見があるかもしれません。

「自分はこうだから」と決めつけないで、色んな共通点を見つける生活を楽しみましょう。

④ペットを飼ってみる

これから子供を持つ2人じゃない年齢の結婚生活だからこそ、動物好きなカップルには共通の話題が増えて家の中がにぎやかになるかもしれません。

いかがでしたでしょうか?

私達、結婚相談所では成婚がゴールですが、成婚退会してからがお二人の本当のスタートなので、せっかく出会えたご縁を大切にする努力は忘れずに、末永くうまくいくように頑張ってくださいね!

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ