youtube 電話 お問い合わせ

【結婚相談所の交際】交際3ヶ月経過しても進展しない場合

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

結婚相談所では、原則として、交際期間は3ヶ月がルールです。

ただこちらのルール厳密ではありません。遠距離交際などで、月1回程度しかデートできていない場合や、もちろん3ヶ月で結論は出せませんよね。

ただ、コンスタントにデートしていても、いっこうにご交際が進展しない場合もたまにあります。

こういったケースの特徴として、男性が結婚相談所の交際の進め方をご存知ない、結婚相談所側から知らされていない場合が多いです。

ただ楽しく3ヶ月間デートしているだけで、という交際は、婚活ではありません。

3ヶ月間の間にお互いの結婚観やご家族のことなど話したり、結婚後の住まいやお金の話など、結婚後の生活がイメージできるような話をしていく必要があります。

スムーズに3ヶ月でご成婚されるカップルの交際の進み方

  • お見合い
  • 仮交際(お互いのお返事がOKという意味の便宜上のプレ交際。2,3回まずは楽しくデートをしましょう。)
  • 真剣交際 (真剣交際に入る前に、事前に結婚相談所にお相手の気持ちを確認しましょう。その後、結婚前提のお付き合いを直接お相手に伝えましょう。真剣交際後はプロフィール上にお互い交際マークをつけて、他の婚活をストップし、交際に集中することも可能。)
  • プロポーズ(こちらも、事前に結婚相談所にお相手の気持ちを確認しましょう。)
  • ご成婚退会(その後、両親に会わせたり、人によってはプロポーズ前という場合もあります。

交際3ヶ月しても、交際が進展しない場合は、交際延長か交際終了かの二択

婚活アドバイザーは交際中、お二人がスムーズにご成婚になるように、定期的に交際状況の確認のご連絡を、会員様にします。その際に、会員様からのご相談はもとより、交際の見通しや今後の流れなど、交際についてのアドバイスをさせていただきます。

交際期間が3ヶ月経過しても、お二人の結論が出ない場合は、その理由を探っていきます。

ケースバイケースですが、女性が、いつプロポーズを受けてもいい状態で男性が結論を出せない場合は、交際終了となってしまうことが多いです。 結婚を決断できない男性に対して、「煮え切らない人…」と女性の気持ちは離れていきやすいからです。

女性が結論を出せない場合は、男性は「待ちたい」と交際を延長するケースが多いです。その場合は、なぜ女性が決断できないのか、具体的な理由をアドバイザーと話して、女性の不安を取り除くことができれば、まとまります。

だらだら交際しないために、交際報告は定期的にしましょう

結婚相談所の限られた会員期間の中で効率よく婚活するために、不本意なだらだら交際を続けるのは時間の無駄です。

担当婚活アドバイザーに2,3週間に一回ペースで、定期的に交際状況をご報告いただければ、だらだら進展のない交際が3ヶ月続いてしまう、ということはありません。

結婚相談所ブライダルゼルムでは、交際中の会員様のサポートはご成婚に結び付けるために最も大切なことだと考えています。

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ