youtube 電話 お問い合わせ

結婚相談所で長い間お見合いしている50代・60代男性へ婚活アドバイス

皆様、こんにちは。東京・銀座で27年目結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザーの松田です。桜もそろそろ満開の季節ですね。

私は多分自分の年齢もあって、60代以上の中高年・熟年シニア世代の会員様をお世話させていただいく機会が多いですし、同世代の会員様の婚活をサポートすることを得意としています。 この26年間の間に数えきれないほどのお見合いを組ませていただきました。

5年以上婚活している中高年・熟年シニア男性のプロフィールを見て

結婚相談所ブライダルゼルムが加盟している、IBJ・良縁ネット・仲人連盟という3つの結婚相談所の連盟全体の中でも、中高年・熟年シニア世代の男性会員様で5年以上活動されていらっしゃる方を見かけることもございます。「この男性、長く婚活しているのね・・・」そんな男性方は、傾向として、初婚の方が意外と多いように感じます。

なぜこんなに長く婚活を続けてていらっしゃるのか?長く婚活をされている中高年・熟年男性会員様について考えてみました。

お見合ができるということは、その出会いがいいご縁となれば、必ず成婚のチャンスがあるということ。ですが、お見合いをしてもなぜかお相手からお断りをされてしまう。

もし思い当たる方がいらっしゃましたら、ここで少し立ち止まって、なぜお断りをされてしまうのか、掘り下げて考えてみましょう。『中高年・熟年シニア世代の男性が、結婚相談所のお見合いで気を付けること』をお伝えしたいと思います。

お見合いの時に笑顔が消えていませんか?  

お見合いで初対面の方とお会いするだけでも、緊張で余裕がないかと思います。とにかく口角を挙げて、難しい表情をしないように心がけましょう。にこやかにしているだけでも雰囲気がやわらぎます。女性もですが、親しみやすいという印象を持たれるために、温かい柔らかい雰囲気が大切です。

過去の暗い話ばかりしていませんか?

今までのお見合いの愚痴や、付き合った女性の悪口だったりと、離婚した元奥様の悪口だったりをお話してはいませんか?女性が聞いていても気持ちの良いものではありません。   

お見合いの1~2時間の間は、お人柄を見る時間なので、できるだけ将来の事や楽しい話題を心がけましょう。この方となら、お互いに大事に思いあって穏やかに暮らせそうと思っていただけるかどうか。言葉足らずのせいで違ったイメージにとらえられてないか振り返ってみてください。

長すぎるお見合いはNGです 

先日、6時間という長時間のお見合がありました。 女性も帰るタイミングが分からず、お見合いを終えようとしても「もう少し話そうよ」と言われてしまい、6時間!当然、女性のお返事はお断りでした。   

参考過去記事:お見合いを切り上げるタイミングがわからない、理想的なお見合い時間

お相手に好印象を持ったのなら、次につながるよう素直にお相手に伝えましょう

ご成婚に繋げるために一番の大切なポイントは、『男性のリードがご縁を大きく左右する』、ということです。男性が女性に対して、積極的にアプローチができないことには次のステップに進めません。

「お見合い中、何にも喋ってくれなくて、仕方なく自分が一生懸命話して疲れてしまった」逆に、「ずっと男性が喋りっぱなしで、自慢や愚痴ばかりで疲れた」

女性会員様から、お見合いの感想です。疲れた、疲れたという感想。これでは、絶対に次へ繋がりません。

長く婚活している中高年・熟年シニア世代の男性様へ

または、結婚相談所を変えてみるのも一つの方法だと思います。成婚するしないは担当婚活アドバイザーの動き次第ということもあります。結婚相談所ブライダルゼルムでは、きめ細やかにフォローして、男性会員様が少しでもステップアップできるようなサポートするのも婚活アドバイザーの仕事です。

結婚相談所ブライダルゼルムでは、お見合いのシュミレーションをして、良い結果につながっている男性会員様が多数いらっしゃいます。 努力と、トレーニングで女性との交際術は身に着けていけるということだと思います。

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。春を迎えて、心も温かくなる良い出会いを願っております。        

松田 恵子(ブライダルゼルムアドバイザー)

平成5年ブライダルゼルムを創立。25周年を迎え、これまで4500件以上のイベント、出会いパーティーの開催に携わり、さらに更新中。NHKはじめ民法の各局で取材を受け、シニア婚活ブームの火付け役。シニアセンスアップセミナーなど現場の経験値を生かし開催中。

プロフィールページ