youtube 電話 お問い合わせ

理想的なお見合い時間、長く話してもいいお返事はもらえません

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム 婚活アドバイザー立花です。

今日のブログは、タイトルの通り、「お見合い時間」についてです。

男性は気に入った女性の前だと、一生懸命お話してしまい、ついつい長時間お見合いをしてしまったりしがちです。女性も、お見合いを切り上げて、帰るタイミングがなかなかわからないっていう相談を良くされます。

お見合いの場合は、初対面同士、1:1なので緊張もしますよね。なので、2時間以上一緒にいると、そうしても疲れてしまうんです。

お見合い相手に対して、好印象を持っていたとしても、お見合い時間が長く【話しきった感】が出てしまい、「また会って改めてお話したい」と思えなくなってしまいます。「あぁもう少し話たかったなぁ」「あ!こんなことを話せばよかった!」って思うくらいがちょうどいいと思います。

理想的なお見合い時間は、「話し足りない」程度に

以前、私がよく行ってたお気に入りの鉄板焼き屋さんがありまして、知り合いの店ということもあったんですが、おいしくておいしくて、そのお店に一時期通い詰めていたことがありました。

そこで、スタッフの方に「あんまりいっぱい食べないで~」って言われて「なんで?」って聞いたら「だって気がすんだら来なくなっちゃうでしょ」と言われたことがありました。そうです。気がすんだのでぱったりと今はそこのお店に行ってない私がいます。

お見合いのお返事でも、「いい方だったんですけど、話すぎて・・・次会って話すことあるのかな?」なんて声もけっこうあります。

気が済むまで話す、満足しない・させすぎない、ということもお見合いでは大切です。お見合い時間は1時間、長くても90分くらいにとどめておきましょう。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ