youtube 電話 お問い合わせ

高嶋ちさ子さんから学ぶうまくいく婚活術~お相手にレッテルをはらずに認めてリスペクト!

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

先日TBSテレビ番組「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」を観ていました。MCであるヴァイオリニスト高嶋ちさ子さん、ご自身の負けず嫌いな性格を直そうと5ヶ所くらい心療内科に行ったそうです。

高嶋ちさ子さんの心療内科通いのエピソードで、婚活している皆様にもぜひ活用できるのではないかというお話があったので、ブログでもとりあげてみました。

高嶋ちさ子さんが自覚する、ご自身の直したい性格の一部分というのが、『婚活がうまくいかない方の特徴』を、そのままとらえていたように感じたからです。

0か100か、白黒はっきりさせないと気が済まない

高嶋ちさこさん、はっきりとした性格なのは、テレビを観ていても伝わります。

婚活シーンでも、例えば、お見合いのお返事をする際に、お見合い相手の印象を0か100かで考えしまい、「100じゃないからお断り」のお返事をしてしまう方が、いらっしゃいます。

結婚相談所は、お金を出しているからこそ余計に、理想の結婚相手を見つけようとしてしまいがちです。

番組内で、「30でも、70でもいい」という高嶋ちさ子さんの言葉にすごく共感しました。

お相手にレッテルをはらずに認めてあげる

婚活は、理屈ではない部分も多く、恋愛・結婚というフィルターでお相手を見るので、ご自分の尺度・物差し次第で、お相手に対する受け止め方も変わります。

生理的に無理なものは、仕方がないですが、お相手に対して何かレッテルを貼ったり、この人は○○な人と決めつけてしまうのではなく、多角的に物事を見ることが大切です。

高嶋ちさ子さん、「くずみたいな男でもかわいいな」とか認めてあげることが大切と番組内で語っていました。

婚活成功の秘訣「人は鏡」

交際相手に対して、否定語ばかり使い、愚痴ばっかり出てしまうという方は、お相手に対してリスペクトがないのではないでしょうか。

お見合い相手や交際相手とうまくいかない、なかなか進展しないという方は、改めて、人は鏡であるということを心に留めて、お相手と接してみてはいかがでしょうか。それが結果として、全てご自分にプラスに返ってきます。

高嶋ちさ子さんも時間をかけて努力して、ご自身の人格に変化を感じたようです。婚活中の皆様は、ご自身の結婚がかかっているんですから、もっと即効効果があるはずです。

結婚相談所ブライダルゼルムでは、婚活に臨むためのマインド作り、結婚したい気持ちを明確にしていくお手伝いもしています。結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ