youtube 電話 お問い合わせ

【シニア向け】婚活中のLINE活用法~アイコン写真の注意点など

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

結婚相談所の婚活では、お見合い後、仮交際が成立となってから連絡先交換をするという流れなんですが、最近はファーストコールこそお電話でするものの、LINEでやりとりされる中高年カップルも多いようです。

LINE使用で距離感が縮まり進展も期待できる

ソニー生命保険が2017年に全国のシニア(50~79歳)の男女(1,000名)に、スマートフォンとタブレット端末の利用についてアンケートを実施したデータによると、「スマートフォン」を利用しているシニアは53.0%、「タブレット端末」を利用しているシニアは22.7%でした。あれから二年弱経過し、今はもっと上昇していると考えられます。

さらに、SNSとメッセージアプリのシニアの利用率については、「Facebook」25.8%、「LINE」は41.5%。過去の推移を見ても「LINE」の上昇傾向は継続しており、2013年と比べると利用率は4倍近く増加しています。

私自身も50代以上の会員様の半数はやりとりをLINEでしています。大切なことやルールなどはノートに記載しておけるし、とても便利です。

スマホやタブレット端末をお持ちの方でしたら、LINEのアプリを利用するのも交際相手との仲が深まりやすくなる上で意外と大切なポイントだと思います。また、電話番号で検索できないように設定もできますし、電話帳に入っている人に知られたくないから・・・というお声を聞きますが、知られないように利用することも可能です。

また、ご本人が海外など遠方にお住まいで、ブライダルゼルムで婚活されている方にも、LINEはとても便利です。昔のように高い電話料金などはかからない時代ですし、テレビ電話や写真を送り合ったり、昔の遠距離交際とは違います。

一方で、LINEのようなチャット形式に慣れてしまっているせいで、それ以外の従来からあるEメールのやりとり自体が面倒に感じてしまう方もいらっしゃるようです。

「電話より気軽。コミュニケーションが取りやすい。相手を親密に感じられる」シニア世代の方でも、スマホ・タブレットをお持ちの方でしたら、婚活シーンでは活躍度が高いので、ぜひ使っていただきたいツールです!

婚活中の50・60代に人気のLINEのアイコン写真

LINEのアイコンというのはプロフィール写真のことです。これは私の今のアイコン写真です。時々預かる友人のペットの犬との2ショット写真です。

こちらのプロフィール写真、シニア婚活中の中高年・熟年世代の男女はどんなアイコン写真にしている方が多いでしょうか?今日はそちらをご紹介します♪

中高年・熟年シニア世代のLINEのアイコン写真で多い、人気なのは・・・

  • お孫さんのお写真
  • ペット
  • 旅先などの景色
  • お花
  • スイーツなどかわいい系
  • 自撮り写真

お孫さんのお写真は圧倒的に多いです。その次はペットですね。お孫さん以外はこうして見ると、若い世代と変わりません。結婚相談所のお見合いプロフィール用に撮影したお写真をアイコンにされている方も。ただし「婚活」を念頭においた時に、お相手に引かれてしまうアイコン写真も実はあるんです。

婚活中の50代・60代男女に聞いた「引いてしまったLINEアイコン写真」

交際に入り「LINEやってますか?よかったらそちらでやりとりしたいです。」こんな感じでLINE交換をして、アイコンを見てみたら「えっ!?」というお写真で引いてしまった・・・なんていうこともありましたので一例としてご紹介します。

  • 蛇など爬虫類の写真・・・「聞くと『飼っている』とのことで、爬虫類が苦手だし、なんとなく変わっているイメージを持ってしまった」(60代男性)
  • 自撮り写真・・・「いい年して、男性が自撮り・・・ナルシストなのかと思った」(50代女性)「カメラアプリで修正しまくった何歳!?っていうキメ顔の女性の自撮りもあざといというか、年齢的にちょっと痛く感じてしまいました・・・」( 50 代男性)
  • ジャニーズやK-popのアーティストなどよくわからない男性の歌手グループの写真・・・「好きな歌手なんだろうけど、熱狂的な感じがして引く。男性がアイドルの女の子の写真をアイコンにしてるのを見た時と同じ気持ちじゃないでしょうか」( 50 代男性)

「どんな写真にしたらいいかわからない!」という方は特に設定せず、最初から設定されているものをそのまま使用しても良いと思います。個人的に中高年・熟年シニア世代の男性のアイコン写真でかわいいと思ったのは、「明らかに拾い画像と分かる動物の写真」です。ご本人とのギャップがあったので、余計にかわいらしく感じてしまいました。

アイコン写真で印象をい下げないよう気をつけましょう

シニア世代のLINEのアイコン写真について触れてみました。いかがでしたでしょうか。婚活中は、知り合った相手と電話やメールを教えるよりもLINEなら・・・と気軽にLINEで繋がる機会もあると思います。プロフィールのアイコン写真で印象ダウンしないような工夫ができればいいですね。

結婚相談所ブライダルゼルムでは、婚活をトータル的に、お見合い・交際・・・様々なシーンでサポート致します。LINEのアイコンについて指摘されることもなきにしもあらずです。婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ