youtube 電話 お問い合わせ

お見合いしても「交際希望」のいいお返事がもらえない

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

お見合いの後、お相手から、(いいお返事をもらえないだろうな)という自覚があり、お断りされるのと、(楽しくお話ができたし、いいお返事が期待できそう!)と思ってたらお断りされるのとでは、当然ダメージが違います。

試験もそうですよね。自信のない試験で落ちても「あ~やっぱり…」って思うものですが、絶対受かってる!って試験が不合格だとやっぱり凹みます。なんで!?って思って自分を責めたりすることもあると思います。

今日は【お見合いしてもいいお返事がもらえない】という方向けの記事になります。

そもそも、ご自分のお見合いのペースはどのくらいかを見直しましょう

思っていたお見合い結果じゃなくがっかりしてしまう前に、まずあなたの婚活状況を振り返っていただきたいです。お見合いの本数は、少なめですか?月1本以上できていますか?

もしかしたら、たくさんお見合いのお申し込みを根気よくして、たまに、やっとの思いでお見合いが成立しているような状況ではないでしょうか?

そういうご状況でしたら、そこでたまにお見合いになるお相手は、ご自分とまた会いたいと思ってもらえる確率がもともと低いタイプだと考えていいと思います。

よほどの話術や、お相手を楽しませることができる何か、プロフィールより実物の方が良かったと思ってもらえる何か、たくさんの共通点とかを1時間ちょっとのお見合いでアピールしなければいけないと思います。

スムーズにご成婚までいくタイプのお相手ともともとお見合いをしていないかもしれません

たまにできるお見合いに賭けるような感じだと、スムーズなお相手探しは難しいです。自分が結婚相手のどこを最重要視するかをもう1度考えて、どんな人なら自分をいいと思ってくれるのかを色々模索しないといけないのも婚活です。

色んなタイプの方とお会いして、そんな可能性を試さないと、時間の浪費になってしまいます。「〇〇な人は合わない」と、最初から決めつけるのもよくないです。自分の何が悪い、どこを直さなきゃいけないと考えるのはすごく素晴らしいことだと思います。

お断りが続いている原因はもしかしたら、たまにしか成立しないような、妥当ではないお見合い相手を、知らず知らずに選んでしまっているからかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。お見合いしても「交際希望」のいいお返事がもらえないのは、実は高望みな相手と幸運にも組めたお見合いだから・・・なんていう可能性もあるということを、お伝えさせていただきました。

お見合いは、出会いのチャンス。そこから交際に入ることが、婚活のスタートです。私たち結婚相談所ブライダルゼルムの婚活アドバイザーは、お見合い後のいいお返事がなぜもらえないのか、お相手に理由をきいて参考にしていただいたり、会員さまと考えてまいります。

結婚相談所を検討中の方は、まずはお気軽にカウンセリングから、お問合せください。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ