youtube 電話 お問い合わせ

結婚相談所アドバイザーが京都・連続不審死妻事件について思うこと:2

連日ニュースでやっている京都・連続不審死妻事件。
ニュース元:http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141120/dms1411201830013-n1.htm

ニュースについて知れば知るほど結婚相談所のイメージが悪くなることに納得がいきません。
その奈良の相談所はどこなのか?私もしりたいところです。

まずブライダルゼルムはIBJや日本仲人連盟(NNR)や良縁ネットなど結婚相談所連盟の加盟であり、戸籍謄本や収入証明などの具備証明がないと、入会できません。

なので、このニュースにあるような入籍中でもお見合いをしたというようなことは不可能です。今後考えていかなければいけないこと。

例えば、結婚相談所は戸籍謄本か独身証明書を提出することが義務づけられていますが、
そもそも独身証明書は、プライバシー保護のために、自分の家族の情報までのっている戸籍謄本を結婚相談所に提出したくないという人のためにできましたが、独身証明書では独身は証明されますが婚歴はわかりません。私の会員さん方は「逆に独身証明書だとモロに結婚相談所に出すのがバレバレなかんじがして恥ずかしい」ということをおっしゃいます。だから独身証明書ってもらったことがないです。私も恥ずかしいらしいですよって前フリするからかもしれないけれど。

独身証明書って結婚相談所ではどうなの??って思っていたんです。
今回の事件をきっかけにプライバシーよりも婚歴情報の明確さをもっと強調するべきと余計に思えました。だって再々再々婚オール死別なんて入会カウンセリングの時点で私なら難しいっていってお世話しないとおもう。
そして結婚相談所連盟に加盟していない相談所は婚活サークルとか別枠にしてほしいな。

真剣に効率のいい出会いを求めてる人がいるから結婚相談所や私たち仲人は必要なんです。特に中高年世代の出会いは、日常生活の中に出会いがなかなかあるわけではありません。
そういう人や一生懸命会員さんのために頑張っている仲人・アドバイザーだってすごく残念です。
せっかくここ数年、結婚相談所のイメージって明るいものになりつつあったのに一緒にされて氷山の一角みたいにとられるのも心外です。

結婚は人生を左右する大きな出来事で、それをサポートする私たちも金儲けのためだけじゃなく心をこめて幸せになるお手伝いをして人に感謝される仕事であるべきということを常に思って仕事をしなきゃいけないですよね。今回の被害者の人たちのためにも、はやく全貌を明らかにしてほしいです。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ