youtube 電話 お問い合わせ

結婚相談所で遠距離婚は可能!お見合いの仕方など遠距離婚活のススメ

こんにちは、銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

前回の遠距離婚カップルの結婚相談所婚活体験談・ご成婚レポートを読んでく出さった方で、関東以外にお住まいの方はいらっしゃいましたか?

(※過去記事:北海道在住51歳女性名古屋在住59歳男性のハッピーボイス)

「私も東京で新たに結婚生活を送りたいんだけど相手が見つかるかなぁ」「都会から離れて、海外や田舎の知らない土地で暮らしてみたい」

そんなふうに思った方も、もしかしたらいたんじゃないでしょうか。

でも実際「結婚相談所で遠距離の人とお見合い婚活」ってどうなの?って思いますよね。遠い分、不安でしょうし、不利なイメージもお持ちの方もいらっしゃると思います。今日は、結婚相談所で遠距離婚を目指す方のためのブログを書きたいと思います☆

実際に、私も今まで、仙台や秋田の東北や逆に愛知からもっと西にお住まいの方や海外在住(!)の会員様の婚活サポートを担当しています。

Bゼルムは、東京都中央区銀座にある結婚相談所ですが、関東以外にお住まいの女性のお客様で「東京・関東にお嫁に行きたい」という50代60代の方々でした。実際にそういった遠方にお住まいの方の結婚相談所のご登録も、実はけっこうございます。

でもやっぱり、近距離に比べて、遠距離恋愛はただでさえハードルが高いと感じるものです。

お見合いからの出会いとなると【そもそもはじめから遠方の人とあえてお見合いしない】という思いがまず1番にくると思います。家が近所でアクセスがいいお相手だと、デートがしやすい・会いやすいというというメリットもございます。

遠距離婚活、どんなふうにお見合いしていけばいいのか

あらかじめ1ヶ月後くらいの上京を予定して、お見合いの申し込みをいれる際に「◯月△日、◇日」に上京予定と担当婚活アドバイザーにメッセージを添えて申し込みしていきます。もしお相手がお見合いOKでその日都合が良ければお見合いのご承諾のお返事がきます。

遠距離婚活のデメリット

遠方であればあるほど、大きくなるのが、交通費の経済的な負担です。一人とお見合いするたびに数万吹き飛ぶようでは、その相手がイメージと違ったり期待はずれだった時のダメージも大きいです。お金の余裕は心の余裕です。負担が大きくなるほど、どんどん気持ち的に余裕がなくなり、「婚活してもうまくいきっこない」とネガティブな思いになってしまいがちです。

ただでさえ婚活は、お相手さがしのモチベーションが上がったり下がったりが激しいものなので、遠距離の人はここをどう気をつけていくか。私の場合は2,3日の間で5人など、時間差でお見合いできるようにして、効率よくセッティングしていきます。

ここで気をつけてほしいのは、遠距離だからといってお見合いでお茶した後に「お食事でも・・・」となってもよほど意気投合しない限りはのらないでおいた方がベターです。

過去記事:理想的なお見合い時間
過去記事:【男性♂編】お見合い中に食事してもいいか?

遠距離の人とお見合いした後のお返事

複数人とお見合いをしたら、必ずその中で一人は「まだよくわからないから、もう1度くらいお会いしてもっとどんな人かちゃんと知りたい」くらいの感覚を持てるお相手が一人はいらっしゃるはず。

いきなり「この人好きー!!」と強烈な好意を持つ・・・ということは女性の場合はまず無いです(笑)でもこの「もう一度、会って話してみたい」の感覚。はたしてそのレベルで、遠距離のお相手のところまで出向くパワーがあるのか?

もしかしたら一晩たって目が覚めたら「別にもう会わなくてもなんとなくいいかも」と気が変わってしまうこともあるかもしれません。それに交通費もかかります。場合によってはお仕事も休みをとるかもそれません。【そこまでして会いに行きたい相手なのか?】と自問自答したり。

これが近距離のお相手だったら、「とりあえず交際希望にして、相手の様子をみてみよう」が出来るのに、遠距離の場合は【悪くはなかったけどよくわからない】という印象だった相手の場合、その「とりあえず」のライトさがなくなって。。。「なんとなくお断り」になってしまうんですね。

遠距離婚活で覚悟しなければならないことは、お見合い後の返事が気軽になれない・前向きな気持ちになれない環境にあるということ。フットワークの軽さが何よりも大事なんです。

お一人でも交際相手ができたら、その人とデートの約束をした時に、別の人とお見合いを組むようにしましょう。まだその交際相手とは1度お見合いでお話した程度の仲。その人とどうなるかは2,3回のデートのうちに自然と方向性が見えてくるものなので、平行して他の人ともお会いしてみるといいと思います。

遠距離婚活、交際を進展させるには

Christine68 / Pixabay

↑冒頭の遠距離カップルのお見合いの時の第一印象は、「お見合いしていて楽しかった」「自然体でいられた」「共通点があった」などお互い【まだよくわからないけれど、いい印象を持てた】という気持ちでした。

ご交際中も女性が住む北海道まで旅行がてら彼が出向いたり、2人で東京でデートしたり、後半になって愛知で、彼の家を見せてもらって結婚生活のイメージを具体的にしたり、お互い積極性に、連絡を取り合い、1回1回のデートを大切にしてスピーティーにご成婚までいきました。

今まで担当させていただきました遠距離カップルも、近距離のカップルよりスピード感がちがいました。今はメールやLINEやビデオ通話など色々なコミュニケーション手段があるし、お互い積極的な思いがあれば、遠距離でも大丈夫だと私は思います。

でも遠距離だからといって一度もアドバイザーと面談できないのは、私としてもしっかり仕事ができないので、まずが勇気を出して上京してみることです。遠距離だけど婚活したいと悩んでる方はぜひご相談ください。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ