営業時間 / 13:00~20:00(平日) 11:00~20:00(土日祝)  定休日 / 火・水

営業時間
2017.03.30 結婚相談所で結婚を目指す!(196)→♀婚活女性必読ブログ(74)

おブス~!な婚活その1「彼の勤務先を唐突に直接本人に聞く」

 

こんにちは、銀座の結婚相談所Bゼルム 婚活アドバイザー立花です。

こないだブログ読者の方からこんなご相談を受けました。

同様のお問合せも同じタイニングで数件あって・・・もしかしたら他にもこんな考えの方がいては大変と思い、許可を得て掲載させていただきます♪

「お見合いで出会って交際して、彼から本交際の申し出がありました」

その時に、「勤務先を教えてと言ったら、彼に『お金目当てなのか』と言われて振られました。

でも、結婚相談所の出会いなら住所とか勤務先とか卒業大学とか親の仕事とか聞いて当然でしょ?

これっておかしいですか?」

ということでした。

うーん、せっかく彼が真剣交際の申し出をしてくれたのに、すっごくもったいなかった。

住所や勤務先や卒業大学なんて、結婚相談所に登録した際にその相談所が知ってるわけですから、直接本人に聞く必要はなかったと思います。

女性からしたら、結婚を前提にお付き合いするんだから早いところ知っておきたいところですが、

お見合いして、デートを複数回している時点でお互いきっといい感じだったはずです。

男性からしたら本格的な恋愛の始まりのピーチなモードだったのに、人間性や気持ち云々よりも、唐突にそんなことを聞かれて、彼女のシビアな一面を見てしまい引いてしまいますよネ。

 

植松さんなら絶対にこう言う。

 「おブス~!」

 

そもそも昔のお見合いのように釣り書を仲人同士が交換しなくていいように、現在はこういうシステムの結婚相談所があるのだから、自分が聞きにくいことはアドバイザーを通じて、

この場合は・・・聞きにくいことだと本人が分かっていなかったのが失敗だったんですが(^_^;)

そんな質問をしていなければ、お付き合いが進展していく中で自然に彼のおうちや、勤務先も知ることができていいご縁に結びついたかもしれない。

 

こういうケースはきっと美人に多そう。

他にもいい人がいるかもしれなしし、無駄な婚活をしたくないと前のめりになってしまうのかもしれません。

現実的なお話を直接お話するのは、ある程度交際が進展してゴールが見えてきた頃なら全然アリですが、最初のうちは綺麗売りが大切!女性からは控えましょう(笑)

今日もお読みくださりありがとうございます!

 

 

Tags

女性向けおブスな婚活