youtube 電話 お問い合わせ

中高年シニア女性がお見合いで言われたらうれしいキラーフレーズ

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム 婚活アドバイザー立花です。

9月に入りました。

平成の夏もまもなく終わり。少し寂しい気持ちになりますが、秋のおしゃれや秋といえばのおいしいご飯が楽しみです♡

涼しくなってくると、秋のもの悲しさも手伝って「結婚したい」「パートナーがほしい」という思いが強くなるのもシニア世代の特徴。

暑すぎても寒すぎてもダメなのです。

シニア世代の婚活シーンで男性が女性にしたらOUTな3ナイ行動(威張らない・ケチらない・エロさを出さない)は以前のブログ↓でご案内させていただきました。(シニア世代じゃなくても・・・ですが私のブログ読者さんは50代60代の男女が多いのでそのように書かせていただきました)

(過去記事:【シニア婚活】男性は低姿勢でスマートに~威張らない・ケチらない・エロさを出さない

 

シニア婚活女性がお見合いで言われてうれしい言葉

ono39 / Pixabay

最近50代60代のシニア世代のお見合いの感想について女性から感想を聞いていく中で、

「これを言われると、その男性の見方が一気に変わる」

「お見合いの時に言われて嬉しかった」

「自分に寄り添ってくれそうな優しい人柄を感じた」

と、女性が感じるキラーフレーズがあるなぁと思う言葉がありました。

それは・・・

「家事も分担したり、自分ができることはやります」

という言葉!

 

60代前後の世代の男性は「家事は女性がやって当然」というような感覚の方もいまだにいらっしゃるんですね。

そんな亭主関白的な男性の考え方にシニア女性はちょっとうんざりしている。

シニア世代の男女の理想的な結婚生活とは?と聞くと【仲良く気ままにお互い居心地のいい、楽しい時間を過ごしたい】と答える方がほとんど。

この世代で結婚して、家政婦のように家事を全部おまかせされてしまうのは、いくら家事が好きな女性でもプレッシャーです。

お見合いの時に、結婚後の家事について男性からこんな気遣いのある言葉があれば、印象アップ間違いなしなので男性はぜひお見合いで積極的に使っていきましょう。

今日も最後までお読みくださりありがとうございました!

 

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ