youtube 電話 お問い合わせ

【熟年シニア婚活】70歳からの婚活のお悩み…結婚相談所の不安を解消します!

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

今日のブログは、「婚活中だけど結婚相談所に入るほどではない」と思われている70代の男性向けの記事です。

先日、ブライダルゼルムのお見合いパーティーに時々ご参加くださる70歳男性のお客様と電話でお話しました。

まず70歳男性(千葉県在住)についてのご紹介(※少しアレンジしています)

  • 元大手企業勤務、定年退職して今は週3回午前中だけアルバイト
  • 持ち家がある(ローンなし)
  • 60代の時からたまに婚活パーティーに参加している
  • 交際相手(というかお茶のみ友達?男女の関係はナシ。)の女性と着かず離れずの関係を繰り返し、2年経過して別れたばかり。
  • 預貯金2000万、年金毎月25万

ざっくりお伝えするとこんな感じです。

70歳男性の目下のお悩みは「入籍はしてもしなくてもいいけれど、早くパートナーが欲しい

ただ、結婚相談所に入ってまで・・・という思いがあり、なかなか重い腰があがりません。お金もかかることですし、だからこそ気軽なお見合いパーティーに参加されているということもあるようです。

早くパートナーが欲しいのに、お見合いパーティーは進展しにくい・・・とのことでした。

同じお悩みをお持ちの中高年・熟年世代の方も多いと思ったので、今日はその心配事を一つずつ解決できれば、と思います。

「年金のみの収入で結婚相談所の婚活は不利なのでは?」という不安

結婚相談所のお見合いプロフィールを見てみると分かるんですが、65歳以上の婚活男性の6割は年金生活です。もちろん年収の部分は、年金のみの表記になるので、年収200万~300万という方がほとんど。

その他の4割が、再雇用などでまだ働いているという方や、年金以外に賃貸収入などの収入がある、会社経営・自営業などで定年がない方です。このような点から、年金のみの収入で結婚相談所で婚活することに不利なことはありません。他の同世代の男性も同じです。

今回の70代男性も年金のみの収入で年間300万円の収入があります。これはむしろいい方。彼には、持ち家もありローンもないので、1人なら余裕で暮らしていけます。

では二人なら・・・?まず、女性が年金もなく、生活の一切を男性に面倒を見てもらいたいというタイプなら、彼は月25万で二人を養うことになり、今よりも切り詰めて生活する必要があったりと、負担になります。

彼の場合は経済的にも自立していて、60代になっても年金やなにかしらの収入がある女性と助け合いながら一緒に暮らすのが理想的です。

「別に結婚がしたいわけじゃないのに、結婚相談所で相手を探すのはおかしいのでは?」という不安

こちらに関しては、過去ブログでもお伝え済です。

過去ブログ:60代・70代のパートナー探し~入籍は希望しない人も結婚相談所を利用できます!

60代・70代は、背負っている現実的な問題などがあったり、求めるパートナーの在り方も人それぞれです。特に70代の熟年シニア婚活は、入籍ではなくパートナーを早く探したいから結婚相談所に登録するという方が多いです。

結婚相談所の活動費が高い・・・!お金をかけたくないという不安

結婚相談所の婚活サービスって、もちろん目に見えるものではありません。物を買ったら手元にそれは残る。でも、結婚相談所ではプロフィール情報や婚活サポートを受ける資格を得るだけなので、絶対に成婚できる保証もないですし、会いたい人とお見合いができるのかどうかすらもこの時点ではわかりません。

私も常々思っているんですけど、やっぱり結婚相談所へ入会する時というのは勇気もいるし覚悟が必要ですよね。

70代ともなってくると「結婚したい!」という強い気持ちがあるわけでもないし、「もうこの年齢だしそんなに頑張っても・・・」と、覚悟が決めにくい。そして、結婚相談所の活動費を聞いて、10万以上の出費と分かると、「高い。無理だ」と諦めてしまいます。

でも、彼はもう何年も、年間5~10回のペースで、お見合いパーティーに参加されています。一回5000円のお見合いパーティーですので、トータルするとおそらく結婚相談所で婚活できる金額になっています・・・。

私は、5000円の価値の問題だと思っています。

「一度に色んな異性と出会えるが好みの女性が参加しているかは来てみないとわからないお見合いパーティー

「事前にプロフィールを見てお互いに会いたいと思った相手と二人で対面するお見合い

本来であれば、70代こそパートナーを探す時間をかけずに、とにかく早く効率よくお相手を見つけるべきで、実は結婚相談所はとても有効なんです。ご成婚退会しても、お二人が健康でどこでもお出かけができる時間は、10年あるかないかなんですから。

そんな70歳男性にはこんな女性が合う

70歳男性には、2年間交際している60代女性がいらっしゃいました。

私「2年もお付き合いしてて、なんで同棲や結婚にならなかったんですか?」

彼「今思うと、たまに会うだけで、旅行はおろか男女の関係もなかったし、自分は付き合ってると思っていたけど、友達だったのかもしれない・・・。このままズルズルとお付き合いしてても、自分が求めている相手ではないと思い別れました」

お話を聞いていると、確かに「?」という間柄。とても結婚前提の真剣な交際をしている熟年カップルとは思えなかったのと、彼自身が「楽しい」「幸せ」というお気持ちを持てずにお付き合いをしていたように感じました。

そんな彼が合うのはこんな女性です。

  • 63歳~72歳
  • 一都三県+茨城在住(どこでもいいけれど、デートしやすいように)
  • 婚歴など関係なし、入籍時期も特にこだわりなし(一緒に暮らすことは前提)
  • 年金生活+パート・アルバイト

実はこれだけ。これだけということは、お相手探しの幅も広がります。もともと穏やかで優しくお話が苦手なわけでもない男性なので、これくらいの条件で、あとはお見合いさえセッティングしていけば、自然とパートナーは見つかるはずなのです。

こんなふうに、ご本人の今の環境と、どんなパートナーとのライフスタイルを望んでいるのかで、お相手を逆算して考えて、婚活サポートをしていくことも大切です。

結婚相談所で婚活をご検討中の60代・70代の方は、まずはお気軽にカウンセリングで、お話を聞かせてください。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ

Tags

70代