youtube 電話 お問い合わせ

【結婚相談所】成婚するための4つの階段をクリアして、婚活を成功させよう

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム 婚活アドバイザー立花です。私がいつも「同じやり方で婚活をしていても、なかなか結婚に結び付かない、という状況なら、何かを少しだけ変えていかなければ、ずっと繰り返してしまうことになる」「でも、焦って結果を求めすぎず、婚活を続けることが大事」と、会員さんにお話し続けています。
結婚相談所に入会して成婚するまでには【クリアするべき4つの階段】があります。結婚相談所でご成婚されたカップルはその階段を4段全部登り切った方たち。簡単に登れた人もいれば、苦労して一段、一段クリアされた方もいらっしゃいます。現在、婚活中という皆様は、どこでつまずいていらっしゃいますか。

①なかなかお見合いが成立しない

お見合いの申し込みをしても、お相手からお見合いOKのお返事が全然もらえないのでお見合いが全然出来ない。この段階が第一段階。
今、お見合いのお申込みをしているお相手をチェックしてみると、ご自分とバランスのとれている相手にお申し込みをしていますか?
競争率の高そうな相手に申し込みしてしまっている方は、なかなかお見合いが成立しにくいです。下記に該当していると感じたら、少しお見合いの申し込みする相手の選び方を変えていきましょう。

・プロカメラマンに撮影された素敵なお見合い写真ばかり選んでいる(視覚の好印象が先行してしまっている)
・女性:同世代もしくは年下で年収700・800万以上の人を選んでいる・男性:一回り年下ばかり申し込みをしている

②お見合いしても、お相手からいいお返事がもらえない。

たまたま、お見合いお相手と、フィーリングが合わなかった・相性が悪い場合はもちろんあります。ですが、あながち人が受ける第一印象って間違ってないんです。初対面同士がする会話というのは、特にお見合いの場合、いきなりお互いの結婚観について熱く語り合うということもないですし、「プロフィールを見てイメージした人かどうか、実際に【見合う】場」がお見合いです。
実は、この2段階目が一番婚活には厄介な部分でもあります。
ここで「またお会いしたい」とお見合い相手に思ってもらえない対応ばかりしてしまっている方は、交際に進展しないからです。

③交際が長続きしない。

これは、お見合いでもいい印象を持てたのに、いざお付き合いが親密になっていくと、ある部分が浮き彫りになり、それが原因で結婚相手としてその人のこと見られなくなってしまうケース。もしかしたらあなただけの問題ではありませんし、お相手との交際状況によって、それぞれ違います。

ただそれ以上、進展させたいと感じさせる+αが足りてなかった。その場合は、それを突き止めないといけません。

④プロポーズの段階で失敗。

結婚相談所の婚活のいいところは、プロポーズする前にすでに結果を担当者同士で確認し合って、それぞれのお気持ちが分かっている状態でのプロポーズなので、お互いの気持ちが固まった時に失敗してしまった…ということはありません。問題はお2人の気持ちではなく、結婚できない状況になってしまった状態の場合です。両家のご両親の問題とか、結婚後の生活について具体的になってくる段階で折り合いがつかず、破談になるケースですね。
この場合は、正直仕方ないこともあったり…ご縁がなかったと諦めて気持ちを切り替えてほしいです。

婚活アドバイザーのサポートが特に必要なのか、Bゼルムではその人に合わせた婚活サポートをしています

会員様一人一人、年齢も状況も希望するお相手や思い描く結婚生活も異なる中で、全員に同じ婚活サービスをしているわけではありません。今回、ご紹介した成婚のための4つの階段についても、スムーズに登る方もいらっしゃれば、一段ずつゆっくり進んでいく方もいらっしゃいます。
カウンセリングの段階では、もちろんそれは分かりません。実際に結婚相談所で婚活してから見えてくる部分でもありますので、Bゼルムではその人に合わせた婚活支援をご提案させていただき、ご成婚まで導きます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ