youtube 電話 お問い合わせ

理想的なお見合い時間とお見合いの切り上げ方をご紹介

こんにちは。東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム、婚活アドバイザー立花です。

どのタイミングでお見合いを切り上げて、帰ったらいいのかわからない。ついお見合いが長くなってしまいます。どうしたら良いですか?

お見合いの終わり方について、お悩みの会員様からこのようなご相談を受けることが多いです。

今回は、『お見合い時間』と『切り上げ方』についてお話していきます。

理想的なお見合い時間は1時間~90分以内

いくら好印象でお話が弾んでも、お見合いは一時間~90分くらいを目安に終了することをおすすめします。

実は、長時間のお見合いでうまくいくケースは、あまりありません。お茶を一杯飲みながらですと、一時間もお話すれば、お茶もなくなります。初対面で話過ぎてしまうと、余計に疲れてしまったり、また次に再会しても、何も話すことがない!?とおなかいっぱい状態になってしまうことも考えられます。

「話足りないかな。もう少し話せばよかったかな」と思えるくらいが、実はおすすめしている長さです♪

お見合いの切り上げ方のコツ

きりの良い所で、「そろそろ行きましょうか」が言い出せない方のために、お見合いの切り上げ方をご提案していきます。

①時間制のラウンジを予約する

予め、予約席でのお見合いですと、『90分制』や『二時間制』など、時間制限がある場合が多いので、お見合いするお店側からのアナウンスがあるのは有難いです。

②トイレに立つ

一時間ほど経過して、もうそろそろお見合いを切り上げてもいい頃合いかなと感じたら、『お手洗い』に立ちましょう。トイレから戻ったタイミングで、「そろそろ出ましょうか。今日はお会いしていただいて、どうもありがとうございます。」でお見合い終了を促しましょう。

③お見合い前にアラームを設定しておく

  • お見合い前に携帯のアラームを一時間後に設定していく
  • お見合い中、アラームが鳴る(マナーモードにしておいてテーブルに置きましょう)
  • 「担当者に、どんなにいい印象を持っても、お見合いは一時間ちょっとで切り上げるようにと、言われてるんです」

大切なのは別れ際の意思表示

お見合いしたお相手が好印象で、再会したい方でしたら、別れ際に必ず、良いお返事をするつもりということを伝えて差し上げましょう。

「また是非お会いしたいと思っていますので、会にお返事しておきます」など、お礼と合わせて意思表示をすることが大切です。

あくまでもお返事の強要ではなく、ご自分の意志表示です。「また会ってくれますか」などの質問ではなく、「また会えると嬉しいです」に留めましょう。お相手が困ってしまう場合もあるので、その場でお返事を聞くことはしないように気を付けましょう。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり20年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ