youtube 電話 お問い合わせ

お見合いを切り上げるタイミングがわからない、理想的なお見合い時間

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム 婚活アドバイザー立花です。初めてお見合いに臨んだ会員さんの話を聞いていると、【どのタイミングでお見合いを切り上げて、帰ったらいいのかわからない】という声が一番多いかもしれません。
なんとなく話しているうちに、時間が過ぎて、1時間たった…お茶がなくなった…おかわりしていいのかな…?でもそしたらまだ長引かせてしまうし…。
こんな感じでダラダラと時間だけが過ぎ、話すことに疲れてしまい、もう次にこの人とお会いしても、何も話すことがない!?とおなかいっぱい状態になってしまうがちです。長時間のお見合いでうまくいくケースは、あまりありません。

理想のお見合い時間は、お待ち合わせ時間から、1時間~長くても90分

「話足りないかな。もう少し話したいな」と思える程度が、実はおすすめしている長さです。ここで、お見合いを切り上げる方法として、1つアドバイス!70分くらい経過して、もうそろそろお見合いを切り上げてもいい頃合いかなと感じたら、『お手洗い』に立ちましょう。戻ってきたら、『そろそろ出ましょうか。今日はお会いしていただいて、どうもありがとうございます。』

もしあなたがお相手を気に入ったのであれば、『また是非お会いしたいと思っていますので、担当にお返事しておきます』など、前向きなお返事を。(あっこの人はOKのお返事をしてくれるつもりだ)とお相手に感じさせるような意志表示をしてあげましょう。そうすることで、お相手も心の準備が出来ます。

あくまでも返事の強要ではなく、自分の意志表示です。「また会ってくれますか」などの質問は、お相手が困ってしまう場合もあるので、言わない方がベターです。

 

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ