youtube 電話 お問い合わせ

【50代・60代の婚活事情】恋人がいても結婚相談所で婚活したい理由や注意点など

こんにちは、東京・銀座で29年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

「お付き合いしている男性がいるけれど、婚活がしたい」

「交際相手は結婚願望がないので、真剣に結婚を考える相手がほしい」

一見、若い男女のお悩みに聞こえますが、50代・60代の中高年・熟年シニア世代の方でも結婚相談所に入会する方が増えています。

それには様々な事情がございます。今回は、『彼氏・彼女がいる50代・60代の方の結婚相談所の婚活方法・注意点』について、お話していきます。

恋人がいるのに結婚相談所に入会してもいいの?

結論から言うと、結婚相談所でのお相手探しは可能です。入籍をしているわけではないので、恋人がいる状態でのご入会でも問題はございません。

そもそも恋人がいるのになぜ…?それには、色々な事情がございます。

恋人がいるのに婚活したい理由

①将来的に結婚生活を考えた時の経済的な理由

「彼氏に貯金がなく、私のお金をあてにしているところがあったので、もうちょっと条件の良い男性を結婚相談所で見つけたくなった」

「今はまだ彼氏は働いています。でも、仕事ができなくなったら、年金もなく借家住まいでどうやって食べていくんだろうと二人の未来に不安を感じた」

②結婚に踏み込んでくれないお付き合いをしている

中高年・熟年シニア世代の女性は、『結婚は男性から』という昭和の感覚をお持ちの方が多いです。「自分から結婚について聞くなんてとても無理!」とご自分から切り出せず、ただデートしているだけのお付き合いに不安を感じたという女性も多いです。

③既婚者と付き合っている

別居しているなどの理由に関わらず、お相手が既婚者で、不倫関係という方もいらっしゃいます。なかなか離婚が成立せず、このまま待ち続けるのも不安で、婚活をスタートする方もいらっしゃいます。

④交際相手に結婚願望がない

「子供が独立したら」「親を看取ったら」という条件付きの期限がある方とお付き合いしていたり、「もうこの年齢なので、法的な手続きは面倒なので、入籍は考えていない」という方とお付き合いしている場合、ご自分は入籍したくても、希望通りに進んでいくことは難しいです。

⑤子供が反対するので言えない

「彼の子供が、再婚に反対していて、結婚話が進まない。」

「子供に『再婚したい』と恥ずかしくて言えないらしく、煮え切らない状態が続いている」

結婚相談所に登録しようと考えている時点で、ご本人はその交際に不満不安感を持っています。それはご年齢関係なく、シニア世代でも同じです。

あとは、二人でたまに会って食事をしているだけの間柄でも「付き合っている」と本人だけが思っている場合もあり、交際相手からしてみたら、友達という事もありました。

参考過去記事:中高年・シニア世代も安心な結婚相談所の『交際の線引き』について

結婚相談所には恋人がいる事を伝えた方が良いか?

担当婚活アドバイザーとしては、お伝えいただいた方がありがたいです。

ご入会の際は、恋人がいることを内緒にしていたとしても、途中で「実は…」とお話くださったり、後から分かることも多いです。

ただ、絶対ではないので、ご本人のお気持ちを大切にしていただきたいです。

「恋人がいるのに、結婚相談所に入会するなんて、お見合い相手に失礼だと、アドバイザーに良くない印象を持たれてしまいそう」とご心配される方もいらっしゃいますが、それについては気にしないでください。

それよりも、恋人がいる方が結婚相談所で婚活した場合、陥りがちな失敗やご注意いただきたい点があります。

結婚相談所で婚活した場合の注意点

①交際相手以外の人を好きになれない

交際相手を基準に考えてしまうので、交際相手より結婚相手としては明らかに好条件でも、心が動かない…ということもあります。長くお付き合いしている場合は、情もわきますし、他の人とお付き合いする感覚イメージできないという方も多いです。

②交際相手と比べてしまう

比較する事は、悪いことではありません。ただ、ご自身の「結婚したい」というお気持ちが大前提のお話になります。交際相手の条件がネックで、婚活している場合は、割り切ることも大切であり、あるいは、既婚者や結婚に積極的でない恋人とお付き合いしている場合は、振り切ることも大切です。

③お見合いで出会ったお相手には言わない

当然の事ですが、結婚相談所を通じて出会ったお相手には、プライベートで交際中であることは、言わなくて良いことですし、お相手も知りたくないことです。

どういった背景があれど、「恋人がいるのに、結婚相談所でお見合いしているなんて理解できない」と思われてしまうのは無理もないですし、「分かっていたらお見合いしなかった!失礼だ」とお相手を不快な気持ちにさせてしまいます。

トラブルになってしまうことも考えられるので、ご注意ください。

まとめ

結婚相談所で婚活した結果、「やっぱり今の彼氏・彼女がいい」と感じたり、新たなご縁に恵まれたり、いずれにしてもご自分の本当の気持ちが明確になるきっかけになります。

「結婚相談所の婚活は自分探し」だと、本ブログでも度々お伝えしていますが、恋人がいても、何らかの不満や不安があるお付き合いをしていて、結婚に進展しいていけない場合は、結婚相談所で婚活することで、ご自分にとってベストな選択ができるはずです。

そして、50代・60代の中高年・熟年シニア世代にとって、大切なのは、時間です。若い頃とは時間の流れ方も違うものです。

悩みながら、お付き合いを続けるより、答えがどういった形であっても、ご自分のお気持ちに向き合える機会になればと、ブライダルゼルムでは考えております。

現在、恋人との関係にお悩み中という方で、結婚相談所で婚活をご検討中でしたら、お気軽にカウンセリングへお越しください。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ