youtube 電話 お問い合わせ

遠距離婚活でご成婚の50代シニアカップルのその後~半年後に一緒に暮らしはじめ入籍

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

ブライダルゼルムは東京・銀座しかありませんか?私は東北に住んでいて、関東に住んでいる男性と結婚したいです。

関西在住です。シニア婚活のプロに婚活のお世話をしてもらいたいけれど、関西に住んでる男性とも出会えますか?ゼルムは東京にあるから、近所の結婚相談所に入った方がいいかな

このようなお問合せをよくいただきます。

会員様は、全国的に加盟している連盟は、IBJ(57000人)、NNR(15000人)良縁ネット(15000人)登録しているので、どのエリアにお住まいでも、会員情報としては豊富です。ですが、婚活をお世話させていただくアドバイザーとしては、やはり一度はご来社いただき直接カウンセリングしたい思いがあります。オンラインカウンセリングも行っておりますが、やはり対面でお会いするのとでは印象もまったく違いものなのです。

今回、ご成婚体験談をご紹介させていただく女性会員様も、北海道からわざわざカウンセリングにお越しいただき、ご入会いただきました。活動中は、たくさんのお電話やメールのやりとりをしましたが、ご入会の際とご成婚の際、二回しかお会いしておりません。

遠距離の婚活・・・結婚相談所を成婚退会してから、どういう流れで同居・入籍に至るのか、婚活中の皆様も気になるところだと思います。

前回のそれからストーリー(結婚相談所でご成婚されてから2年後~50代シニアカップルのストーリー)がとっても好評でしたので、今回もご紹介してまいります。

結婚相談所の遠距離婚活でご成婚の50代シニアカップルのその後

こちらの記事でご紹介した女性様も、ついに入籍されました。昨年7月に成婚退会されたカップルです。

過去記事:遠距離シニア婚。お見合いでも遠距離婚は可能?ブログ読者だった51歳女性が成婚するまで♪

女性様は、北海道在住でしたので、お仕事は年内で退職し、成婚退会してから年内まで遠距離恋愛でお互い行き来していたようです。

◆成婚退会後の流れ

  • 7月:成婚退会
  • 10月・11月:ゆっくり引っ越し準備。お互いの子供や親に会わせる。
  • 元々彼女が住んでいたマンションは別荘代わりにしようということで、しばらくそのままにすることしたそうです。(女性側に持ち家がある場合は売りに出したり貸したり、こういう点でもどうするかの話し合いが必要ですね。殆どの場合は、子供に残してあげたいという女性が多いです)
  • 12月:仕事を退職。成婚退会から半年は遠距離恋愛して行ったり来たり。

「お互いが掛けている生命保険や諸々、事務的な事も話し合い、シニア婚はそれぞれ背負ってる事が多いのでそういう事にお互いが真摯に対応するのが、大切ですね^ ^立花さんのブログのように住まいや経済面は避けては通れない道ですので、誠実さが一番だと思います。結婚は女性の方が、仕事を辞めたり、お引越ししたりと変わることが多いので、距離があると本当に信頼できて、尊敬出来る方でないと、思いきることができません。彼とは事務的な手続きの話しなど、ひとつずつクリアして今日まできました。」

と、彼女もおっしゃっていました。

「遠距離婚でゴールまでいくのは、たとえは男性でしたら、出張なれしているとか、女性なら旅行好きなど、長距離移動を厭わないのが大切と、実感しました。」

本当にその通りだと思います。

一緒に暮らしはじめ入籍もして、ここからが本当の2人のスタートですね。成婚してから半年で、そのスタートラインを歩み始めました。お相手を信頼し焦らず準備することも大事なことですね。

過去記事:結婚相談所で遠距離婚は可能か?お見合いの仕方など遠距離婚活のススメ

お見合いパーティーは遠方の人は不利!?遠方の人が早く出会うには・・・

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ