営業時間 / 13:00~20:00(平日) 11:00~20:00(土日祝)  定休日 / 火・水

営業時間
2018.12.25 中高年・熟年シニア世代のための婚活ブログ(198)

「いい人だけど、歯がなくて…」シニア世代の婚活は「歯」で第一印象が決まる

こんにちは、東京・銀座で26年目、結婚相談所Bゼルムの婚活アドバイザー立花です。

シニア世代の婚活、婚活じゃなくても出会いの場で初対面の異性と会う時はもちろん身だしなみ、気を遣います。特に定年退職されたシニア世代の男性は、スーツを着る機会がめっきり減ってしまうので、出会いの場やデートにスーツを着てお出かけする、という事もうれしいようです。

長年着てきた戦闘服=スーツを着ると落ち着くんでしょうね。でもどんなに素敵なスーツ姿の男性でも、おしゃれで華やかな装いの女性でも、お話して相手を幻滅させてしまうお顔のパーツがあります・・・それは「歯」

「いい人だけど、歯がなくて…」歯が原因のお断りも多いシニア世代

シニア世代になって失うもの・・・髪や体型の変化、筋力の低下だったり、健康なつもりでもやっぱり体は少しずつ変化していっています。アラフォーの私ですら膝の軟骨問題に苦労しているくらいだし、20年後がこわいです。日に日に体は年を取っているし、1週間1年があっという間に過ぎていくのを感じます。

色んなシニア世代のお客様にお会いしていく中で、60歳を過ぎると、日々健康や美容に気遣って元気に生活している人と、わりと無頓着に年齢を重ねてしまった人との差は見た目にも明らかです。

どちらでも幸せならいいとは思います。ただ、「婚活」という観点では、やっぱり 日々健康や美容に気遣って元気に生活している人の方が、若々しく第一印象も良いと思われるタイプが多いです。

そんなシニア世代が失って後悔しているものの1つの中に「歯」も該当します。

「笑ったら、歯が全然なくて!なんで差し歯とか入れ歯しないんだろう?」
「歯茎が真っ黒で、不潔な印象を持ってしまいました」

口臭以外にも口元が原因でお断りされることも多いのがシニア世代のお相手探しの特徴でもあります。

結婚・再婚したいシニア世代の男女は歯のケアについて考え直そう

婚活中だから、「相手の印象を良くするため」歯のケアをするというのはあくまでもきっかけで、結果的に、10年後20年後の自分のためになります。好きなものをおいしく食べ続けていくために健康な歯は必要ですし、やっぱり食べたいものをおいしく頂ける幸せも長生きの源ですね。それに歯が白いと5歳若く見えるんですって。

女性はお肌のエステに1回行くよりも、歯のホワイトニングをした方が、明らかに若見えには効果的だと思います。婚活シーンで初対面の異性は、体型や髪の毛以外に、第一印象が良いと感じるお顔のパーツやお肌以外に「歯」もなにげなく見ています。

定期的に歯医者さんに行く習慣がないという方、1年の終わりのこの時期に歯医者さんに行って、クリーニングや歯のケアをしてもいいのではないでしょうか。

歯だけじゃなく歯茎の色にも注目!歯周病がシニア世代の健康に及ぼす影響も

あと、意外と、喫煙者の方が口臭予防や定期的なヤニとりなどをするため、歯のケアについて気を遣っている方が多いように感じます。煙草を吸わない人の方が歯が黄色・・・なんてことも。

一番要注意は、人生で一度も歯医者に行ったことがないような虫歯がゼロのタイプ!
虫歯がないからと安心しているけれども、歯ではなく、歯茎が悪くなっている可能性もあります。歯周病や歯槽膿漏が口臭の原因になっているかもしれません。

歯茎の色は健康ですか?健康な歯をキープするには、歯茎のケアも切り離せません。こちらには歯周病から始まる身体へのこわい影響について掲載されています。「 歯周病が全身に及ぼす影響

定期的な歯科検診は必要ですね。今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ

Tags

身だしなみ