youtube 電話 お問い合わせ

【62歳男性のお悩み相談】意外と多い事実婚希望女性の探し方・婚活方法を伝授

こんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

今回のテーマは、これまでにも何度か取り上げています「事実婚」。それも「入籍も同居もしない」事実婚について、婚活方法やメリット・デメリットをご紹介していきます。

事実婚も「同居あり/なし」と2種類ある

事実婚とひと口に言っても、結婚相談所で婚活して、事実婚されたカップルは、7割は一緒に暮らしています。事実婚カップルが入籍をしない理由は人それぞれですが、

  • 相続問題
  • 家族が反対
  • 再婚したと周囲に知られたくない(世間体)
  • 手続きが面倒

このような理由が挙げられます。事実婚カップルの中で同居もしない別居婚カップルは、

  • 同居家族(親や子供)がいる
  • 一軒家に住んでいて、たまに遊びに来る分には良いが、ご近所の目が気になる
  • もうこの年齢なので、気楽な関係を望んでいる

「一緒に暮らさず仲良くやっていきたい」という思いのカップルは、このような理由を挙げられます。

入籍も同居も希望しない男性のお相手探しのお悩み

①結婚相談所で探していいの?

62歳(東京都目黒区在住)男性S様からこのようなご相談をいただきました。

事実婚希望です。入籍も同居でも希望していません。定期的に会って、一緒に過ごせるパートナーが欲しいです。
結婚相談所でお相手探しはふさわしくないのではと考えています。

たしかに結婚相談所は、結婚したい方のための、結婚相手を見つける場所ですが、中高年・熟年シニア世代にとっては、事実婚・通い婚など様々なパートナーシップの形があり、入籍が前提じゃなくとも、結婚相談所でお相手探しするシニアも増えています。

②事実婚?恋人?お茶飲み友達?全部違う気がする

『事実婚』と言われると重い気がして、『お茶飲み友達』だとライトすぎると感じます。

ご自分の求めているパートナー像が、どのようなカテゴリに入り、どんな呼び方をされるもののかわからないご様子でした。ただ、言えるのは、真剣に思い合えるパートナーが欲しいということ。

③『都合の良い女』を探していると思われることも多い

パーティーで事実婚の希望を言うと、お相手の女性に引かれてしまった。

たしかに、結婚したくて婚活している女性にとっては、S様のお相手探しの希望条件とは大きくズレるので「論外」です。ですが、同じお気持ちの女性もいらっしゃることも事実で、結果的に、お互いが望んでいる形でパートナーシップが築いていければ良いと思います。

入籍も同居もしない事実婚希望の方の婚活方法

こういったお悩みから、S様も結婚相談所の婚活を躊躇されていらっしゃいました。まずは、同じお気持ちの女性も結婚相談所に登録しているとご安心いただきたくて、入籍も同居も希望しない女性のプロフィールをご紹介しました。

率直に、こんなに事実婚・別居婚希望の女性が結婚相談所に登録していることに驚き、安心しました!

女性のプロフィールに「事実婚希望」「入籍・同居を希望していない」と明白に記載があれば良いですが、そのように書いていないプロフィールの女性もいらっしゃいます。そんな女性のプロフィールを見つけるには、婚活アドバイザーだけが分かるあるコツもあるんです。S様にはそのポイントをお教えして、結婚相談所のお相手探しを頑張っていらっしゃいます。

ブライダルゼルムは、50代・60代の会員様が数多く在籍していらっしゃるので、望んでいるパートナーとのライフスタイルも、若い世代のように結婚だけではありません。同じような思いのシニアの方が登録しているブライダルゼルムであなたもお相手探しをしてみませんか?

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ