youtube 電話 お問い合わせ

お見合いパーティのプロフィールカードの書き方~出会いを意識したプロフィールで印象アップ

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

ブライダルゼルム銀座サロンで開催されるお見合いパーティが終わって、後片付けをしていると、パーティーに参加されたお客様方のプロフィールカードが。まとめてシュレッダーにかけていくのですが、お見合いパーティーのプロフィールとしては、あまり出会いを意識したプロフィールの書き方をされてない方もいらっしゃるようです。

お見合いパーティーのプロフィールカードの書き方について、今日はお伝えしていきます。

プロフィールカードがほとんど白紙に近い

お名前と当日のナンバーと、お住まいのエリア以外、自己PRや趣味などお人柄について伝わるものが、何も書かれてないプロフィールカードがあります。

これでは、出会いにやる気を感じられないですし、共通点を見つけてスムーズに会話することが難しくなります。プロフィールカードは、会話を弾ませるためのきっかけになる大切なものです。

プロフィールカードの字が小さい、細かすぎる、びっしり記入

限られた時間でお話していかなきゃならないお見合いパーティ。プロフィールカードを読むこと自体に、時間にとられてしまってはもったいないです。プロフィールカードは分かりやすく簡潔に。お相手が読みやすいように書きましょう。

オリジナリティのある趣味などが書いてあると記憶に残りやすい

カップリングパーティはフィーリング・第一印象が勝負。さりげなくつっこみやすいオリジナリティや会話のネタにしやすい情報をさりげなく、プロフィールカードに盛り込むと、お相手の記憶にも残りやすいえす。

短時間の間に、複数の異性とお話するお見合いパーティー、初対面同士はどうしても似たような会話になってしまいますし、お見合いパーティーが初めての方は、とにかく誰と何を話したか忘れてしまい混乱してしまいがちです。特別な趣味や印象深い話をしておくと、名前を忘れてしまっても、思い出すきっかけになりやすいのでおすすめです。

いかがでしたでしょうか。次回のお見合いパーティに参加する機会がありまから、ご参考にプロフィールカードを記入してみてください♪最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ