youtube 電話 お問い合わせ

【シニア婚活】成婚へ繋がる交際のコツ~ネガティブな考えにアドバイス

こんにちは、東京・銀座で27年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー池三津です。

結婚相談所でお見合い活動をしていく中で、ご交際に入っていくと、お互いに色々と見えてくることがあります。合うところもあれば、合わないところもあるでしょう。問題は、合わないところをいかにして折り合いをつけていけるか、それがご成婚になるかどうかの分かれ道なのです。

例えば、男女のご交際の過程をパズルにあてはめてみると

パズルを組み立てていく過程で、2つのパーツを合わせる時に、接合する箇所と接合しない箇所がありますが、一か所でもカチッとはまれば、外れることはないでしょう。

これは男女間においても言えることで、大事な一か所がカチッとはまりさえすれば、他の部分は目を瞑ることだって出来るでしょう。頑張っても合わない部分は無理に合わせることはせずに、お互いが尊重すれば良いのです。

中高年・熟年シニア世代の婚活中の方を見ていると、物事をご自身だけの視点で判断して、ネガティブな捉え方をしてしまっている傾向もございます。

交際中はポジティブな考え方を一度はしてみましょう

中高年・熟年シニア世代の婚活中の方が、ご交際が進行していく中で、実際に体験した事柄を具体的に挙げてみました。

①交際相手の方が、結婚相談所での婚活歴が長く、お見合いした人数もかなりのものだったと聞かされた場合

ネガティブに考えれば、なぜこんなに長い時間、何人ものと人とお見合いをして決まらなかったんだろうと不信に思い、その方ご自身に対して原因があるのではないかと思い、交際を終了しようと考える。

一方、ポジティブに捉えた場合、それは自分と巡り会う為のタイミングをずっと待っていてくれた結果、お相手は多くの時間を婚活に費やし、どの方ともご縁に至らなかったのではと考える。実は先日、ご成婚された方がまさにそのような考え方をされていたので、驚かされました。

②男性からデートのお誘いを受けたが、別の日に変更してほしいと依頼があった場合。

これも実際あったケースですが、ある女性はそのことでご交際を終了にしてしまいました。なぜかと聞くと、「変更依頼の理由は仕事とはいうものの、他の方とのお見合いが入ったのかもしれないし、もし本当にお仕事だったとしても、また同じことで振り回されてしまっては、自分の予定が立たなくなり困る」とのことでした。

婚活では、待つ姿勢も大切なのです。恐らく、男性目線からすると、「お仕事がんばってね。また、お仕事がお休みの時に誘ってね」くらいのお返事をしてくれてさえいれば、気持ちよく次のデートのお誘いがしやすくなるものです。なので、お互いに許せる範囲が狭すぎると、窮屈に感じてご縁は逃げてしまいます。

円滑にご交際し成婚を目指すために気を付けること

ご交際中は、お互いのルーティーンなようなものを予め確認し、出来るだけ守ってあげることが、ご成婚への第一歩です。例えば、コミュニケーション手段は、電話が良いのか、メールが良いのか、それ以外が良いのか?また、連絡する時間帯は何時頃が良いのかなど。

最近では、特に女性は電話をあまり好まない方も多くなってきました。電話は、いきなりかかってきても困ることもありますし、電話で話せるテンションではなかったりと、電話をした側もお相手のテンションの低さにビックリして、会う気持ちがなくなってしまうなんてこともありますので気を付けましょう。

結婚相談所ブライダルゼルムでは、交際中のアドバイスも、担当の婚活アドバイザーが会員様一人一人に合わせ、サポートしております。結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

池三津 秀旗(ブライダルゼルムアドバイザー)

婚活アドバイザー歴17年目。女性アドバイザーが多く占める結婚相談所業界において、男性目線でのサポートができる貴重な存在。団塊ジュニア世代に生まれたこともあり、数多くのシニア世 代の方へのサポート実績あり。ねるとんパーティ時代を経て、自らも3,000 回以上のパーティ司会を努める。

プロフィールページ