営業時間 / 13:00~20:00(平日) 11:00~20:00(土日祝)  定休日 / 火・水

営業時間
◆メディア取材履歴(83)

Yahoo!ニュースにも!【女性セブン4/11号】シニア再婚について取材いただきました

こんにちは、東京・銀座で27年目、結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

前号に引き続き、女性セブン(4/11号)にシニア再婚について取材いただきました。

Yahoo!ニュースにも!【女性セブン4/11号】

急増するシニア再婚、若い頃とは異なる「3つの壁」とは

仕事、育児、介護、そして不幸な結婚から解放されたシニア世代の多くが、今再び、婚活を始めている。結婚相談所『ブライダルゼルム』のアドバイザー立花えりこさんによると、ここ十数年で出会いを求めるシニアが増えていると言う。

「以前は月1回だったシニア向け婚活パーティーも、今では週3回に」(立花さん)

 厚生労働省の人口動態統計では2000年頃から50才以上の男女の結婚が増え、2012年には、年間約4万組のシニアが婚姻届を提出している。なぜこれほど増えたのだろうか。結婚情報センターNOZZEの藤平潤さんが語る。

「高齢独身女性の貧困や、高齢独身男性の孤独死はかねてから問題となっており、それらを解決するために再婚を考える人もいました。しかし、東日本大震災以降、好きな人と穏やかな老後を過ごしたいと、癒しを求めるシニアが増えたんです」

 学歴や収入などの条件ではなく、本当に気の合う人と、ただ一緒にいたいのだ。そして、シニア再婚を成功させる男女には、ある共通点がある。

「男女ともに仕事があり、女性でも経済的に困っている人は少ないですね。とはいえ、男性に持ち家があると成婚率は上がります」(立花さん)

 ただし、条件が合っても子供の反対にはかなわない。

「シニア婚最大の壁は、子供の反対です。財産も絡んできますので、結婚相談所を訪れるかたの約半数はお子さんに内緒で活動されています」(藤平さん)

 若い頃とは違う結婚の目的と障害。以下は、そのリアルケースからシニア婚を阻む3つの壁について解説しよう。(記事全文は下記)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190331-00000004-moneypost-bus_all

結婚相談所ブライダルゼルムで婚活中の中高年・熟年シニア世代の会員様は?

子供が再婚に賛成していない場合は【事実婚】という形で、未入籍のパートナーを見つけることも可能です。

50代・60代の中高年・熟年シニア世代のご成婚カップルの結婚相談所でのお見合い婚活体験談も御覧ください。事実婚のカップルの体験談もございます。

ご成婚カップルの お見合い婚活体験談はこちらです。

結婚相談所ブライダルゼルムでは、50代・60代の中高年・熟年シニア世代の婚活のサポートに自信がございます。結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ