youtube 電話 お問い合わせ

アラフォー婚活とアラフィフ婚活のポイントをご紹介

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

先日、七年前に担当させていただいていた女性様が、また結婚相談所ブライダルゼルムに再入会してくださいました。

当時は37歳、現在は45歳になって、ご本人様のご状況も心境にも、かなり変化があったようでした。

彼女が37歳の時の婚活当時のお見合い相手の全ファイルを見て、改めて私自身が実感したこと!

(今の37歳女性は、ここまで年齢が近く、年収の高い、いわゆる条件の良い男性とお見合いできない!)

お見合い本数もかなりしたのでどっさりプロフィールがありまして…そのどれもがアラフォー男性で、年収も1000万前後。その女性様も、過去のお見合い相手のプロフィールをご覧になって、「当時の私の希望、強気すぎてびっくりです~!」と笑っていらっしゃいました。

アラフォー女性が婚活で苦労する理由

婚活シーンにおいて、アラフォー世代の女性が苦労する点、それは女性ご自身に出産希望の方が多いということ。

もちろん出産は不可能ではありません。私の叔母も41歳で出産しました。

ですが、婚活の場では、アラフォー女性の多くが希望している男性の年齢(同世代~40代後半)も、子供が欲しいので、確実に子供を持てるとつい思ってしまう年齢=30代の女性を希望するのが現状でもあります。。

そうなってくると、アラフォー女性が希望は一方通行。なかなか希望する条件の男性とお見合いができなかったり、婚活がうまくいかないということになります。

それでも結婚が決まるアラフォー女性はいらっしゃいますし、どうしたら結婚できるのか、婚活アドバイザーと考えていくのも大事です。アラフォーの婚活女性は、ある程度そのあたりは覚悟して結婚相談所で婚活をしましょう。

アラフィフになると婚活がアラフォーよりも楽になります

ところが45歳を越えると、女性ご本人が年齢的な事が理由で出産を希望しなくなります。

女性は若いほどいいというイメージが、婚活にはあると思いますが、45歳以上という年齢はある意味、出産という足かせがなくなるので、お相手選びの仕方も変わってきます。

夫婦関係は子供の存在で何とか保たれている場合も多々ありますが、子供を持たないアラフィフ世代のお相手探しは「我慢せずに気楽でいられる居心地の良い相手である」という事が一番重視されます。世代によって、婚活も色んな視点や見方があるものなのです。

私は20代~70代まで男女色んな年代の会員様のお世話をしていますが、中高年・熟年シニア世代は特に若い世代とは大きく違います。

今回の女性様も、7年前を経てこれからの再婚活ですが、ご自身の様々な変化を受け入れ、理解なさっているので、30代とは違う実りある婚活になるはずです。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ