youtube 電話 お問い合わせ

通い婚・週末婚希望のシニアの方へ~別居婚成立の条件やポイント・注意点など

こんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

「結婚相談所は結婚相手を探すところ」ですが、中高年・熟年シニア世代の会員様が多いブライダルゼルムでは、入籍をしない事実婚や、通い婚・週末婚のような別居婚スタイルなど、成婚退会後のライフスタイルにも色々な形をご希望される方がいらっしゃいます。

今回のテーマは、『通い婚や週末婚などの別居婚希望』の方向けです。中高年・熟年世代の男女にとっては、パートナーとの時間も自分の時間もそれぞれ大切にできそう!と魅力的に映るようで、別居婚を希望される方も多いですが、婚活アドバイザーとしては「でも、ちょっと待って!」。別居婚希望の婚活で知っていただきたいことがあるんです。

通い婚・週末婚が成立するには『ある条件』が必要

『通い婚・週末婚=二重生活』をするということです。夫婦での暮らしと自分の暮らし。これが成立するのは、女性側の持ち家がある場合ではないでしょうか。女性の家が賃貸の場合、当然、家賃が発生します。それをご自分で負担するなら良いと思いますが、その場合は夫婦のお財布は完全に別になるはずです。女性が経済的に自立していることが前提になります。

男性が自営業や会社経営者ならば、それも期限付きであれば可能とも思いますが、多くの中高年・熟年世代の男性は、年金と預貯金で生活していくことになります。家賃の負担はお金の無駄なので避けるはずですし、ない袖は振れません。実際に通い婚・週末婚しているシニアカップルは『そうせざるを得ない理由』があるから別居婚をされています。

実際に通い婚・週末婚しているカップルの事情

  • 同居している親の介護(親を看取るまでは通い婚)
  • 同居の子供がいて、独立するまでは別居したい
  • 定年まで通勤が不便なため
  • ペットを飼っていて、お相手が苦手なため

こういった理由を挙げる方が多いです。共通点は期限があるということ。基本的にお互いの希望が合致して、別居婚は成立します。女性だけが「通い婚や週末婚の方が気楽でいいな」と思ったり、男性の家の所在地や家の様子が理由で別居婚を希望する場合は、単なるわがままでもあるのでうまくいきません。基本的に、シニア世代の婚活女性は、男性の住環境にすっぽりおさまれない場合は、成婚退会は難しい傾向があります。

別居婚のポイント・注意点

通い婚・週末婚などの別居婚のポイントは『入籍するか/しないか』です。私は、入籍をしない・別居婚カップルはちょっと心配になります。気楽な関係をお互いが望めば問題ありませんが、いつでも別れることができる責任のない間柄でもあるわけです。「通い婚で、入籍もしないでいい」という男性の希望を聞いたら、それはただの『都合の良い女』では…とも思います。

通い婚の場合は、最終的に入籍を視野にいれることをおすすめします。未入籍で通い婚を選択しても、行ったり来たりがだんだんと面倒になり、結局は同居をするようにもなります。大切なのは、きちんと信頼関係を築いて安心できる形で、結婚相談所の成婚退会という結論を出すことです。そして、別居婚の場合は、お互いの生活が見えない部分があります。別居している間にお相手を心配させない努力をすることを心がけましょう。

そんな中高年・熟年シニア世代の特有の婚活のサポートをブライダルゼルムでは行っております。結婚相談所で婚活をご検討中の中高年・熟年シニアの方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ