youtube 電話 お問い合わせ

【シニアお見合いパーティー初参加の方】トラブルにならないために気をつけるべきこと

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

今回は、

  • お見合いパーティーに初めてご参加される方
  • お見合いパーティーに参加をご検討されているけれども、なんだか不安な方

に対する、気を付けてほしい危機回避術についてお話していきます。弊社のパーティーだけじゃなく、一般的な意見として、トラブルになりそうな事を想定しておけば、万が一の対応力も身に着くはずです。

お見合いパーティーの特徴

最初に、ブライダルゼルムだけじゃなく、一般的なお見合いパーティーの特徴をご紹介していきます。

  • 一回料金で参加可能
  • 会員制(事前に入会手続きがある)
  • お見合いパーティーに参加後、カップルになった場合に入会手続きをする

大きくは、上記の3つに分かれます。ブライダルゼルムのシニア出会いパーティーは、一回料金でご参加いただけるパーティーです。

気軽にご参加可能なパーティーほど、「変な人はいないかしら?」「既婚者が紛れ込んでいたらどうしよう!」「このご時世、何があるか分からないから心配」と不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。

既婚者が参加しないための対策

ブライダルゼルムのシニア出会いパーティーは、独身者限定で、別居中など除籍してない方はご参加できません。

初参加の方には、

  • 独身です。
  • 営利目的や勧誘はしません。
  • 同業者ではありません。

などと記載されているご誓約書にサインしていただいています。こういった誓約書自体もないパーティー会社も当然ございます。しかしながら、戸籍謄本や独身証明を正式な証明書をご提出いただいているわけではありませんので、どうしても不安という方は、こういった気軽にご参加可能なタイプのパーティー自体が合わないかもしれません。

長い間、別居中なので、独身みたいなものだしいいかと思って、参加しました。でも誓約書を見てまずいと思い、正直に話したところ、参加不可になってしまいました。

このようなお客様も珍しくないので、誓約書があるだけでも、既婚者対策としては効果があると考えています。

パーティーは出会いのきっかけ作りの場所

ブライダルゼルムでは、

  1. 一回料金で気軽にご参加可能なシニア向け出会いパーティーの開催
  2. 結婚相談所のお見合いサービスでのパートナー探し

2つのサービスがあり、上記は別々のサービスになります。ですので、ブライダルゼルムには、結婚相談所の会員様と、パーティーにご参加されるお客様に分かれています。

どこのパーティー主催会社でも念頭においていただきたいのが、パーティーは、『出会いのきっかけ』を作る場所であり、出会った後は、個人間のやりとり=自己責任になると考えた方がいいです。

予めご注意された方が良いこと

①個人情報について

特定されやすいように、フルネームは教えず、プロフィールカードには苗字だけ記載された方がいいと考えています。

50代・60代の方のFacebookご利用者も多く、フルネームを教えたばかりにFacebook経由でメッセージが来たというケースを耳にしたことがあります。SNS対策としては、Facebookを友達申請できないように設定したり、友達以外からメッセージを受け取らないような設定をしておくと良いです。

他に、勤務先が書かれた名刺を不特定多数の人に配ったりも避けた方が良いでしょう。(カップリングになったお相手には、かえってご安心いただけると思います。)

お住まいのエリアについて、シニア世代の方は、お近くの方と出会いたいという思いもあります。しかしながら、ピンポイントでお住まいの駅名を伝えてしまい、好ましくないお相手と利用しているスーパーが同じなど、「もし会っちゃったらどうしよう!?」と、気まずい思いをしてしまうこともあるでしょう。あまり警戒しすぎても出会いのチャンスを逃してしまう可能性もありますので、自己開示にも慎重なご判断が必要です。

②ハイスペック男性に前のめりに食いつかない

こちら、女性の方にお伝えしておきたいです。パーティーの際に、いかにもお金持ちそうな発言をしてくるような男性や、調子の良いことを言ってくる男性の言葉は、そのまま信じ込まず、本当に真実なのか後々確認していく感覚でいかれることをおすすめします。

ある程度、立場のある方は、ネット検索すれば必ずお名前がヒットします。カップリング後、フルネームを聞いて、ネット検索してみると、安心できる材料になります。

お見合いパーティーご参加後の注意点

①お金の貸し借りは絶対にしない

たとえ少額でもお金の貸し借りはしないでください。3万以下の少額な金額ほど、貸したご本人も「被害も少ないし大ごとにするほどでもない」となってしまう場合もあるのではないでしょうか。

②行きつけのお店に誘われても行かない

女性に「よく行く飲み屋さんがあるから行こう」と誘われて、思ってたよりお金を使わされてしまったケース。女性がその飲食店と結託している場合もあります。

③女性のおねだりに応じない

男性の方は、好みのタイプの女性とカップリングが成功すると、つい舞い上がって、おねだりされるがまま乗ってしまうケースもあります。結果としてそれきりになってしまい、相手の思うツボにならないようにご注意ください。

④車で送ると言われた場合

こちらは、お相手に対してどれくらい気に入ったかの度合いにもよるもので、あまり警戒しすぎても・・・なこともあるでしょう。カップリングになった男性に「車で送る」と言われた際、密室ですし、人によってはボディタッチをされたりする可能性もあることを想定しておきましょう。

⑤営利目的なのが分かったら

何かを売ってこようとすすめられたり、勧誘や営業をされたりした場合は、すぐ運営会社に報告するべきです。要注意人物として主催者側もマークします。

まとめ

パーティーに参加する前・参加された後、今回お伝えしたことを念頭においておけば、大概のトラブルは回避できます。

お見合いパーティーの出会いの場合は、警戒心を強く持ちすぎても、お相手の積極的なアプローチに「こわい」と思ってしまい、距離感が縮まらないものでもあります。

お見合いパーティーでは、その日にたまたま好みのタイプのお相手が参加しているかどうか、運次第でもあるので、ある程度の根気も必要です。

ぜひ今回のブログをご参考に、安心してご参加いただけますと幸いです。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ