youtube 電話 お問い合わせ

お見合いパーティーで女性と連絡先を交換する方法~残念な失敗例をご紹介

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

今回は、シニアお見合いパーティーにご参加される男性のお客様向けの記事です。お見合いパーティーで出会った女性と連絡先を交換する方法についてお話していきます。まずは、成功率が低いので避けた方が良い失敗例からご紹介してまいります。

お見合いパーティーでの男性の残念な行動

どこの婚活パーティーもそうだと思われますが、パーティーでは、1人とお話できる持ち時間がだいたい4,5分程度です。お互いのプロフィールカードを眺めつつ、自己紹介をして共通の話題を探しながらお互いを知り合っていきます。しかしながら、トーク開始早々、

  • 「電話番号教えて!」
  • 「(メモ用紙を渡しながら)ここにメールアドレス書いて!」

と女性に連絡先交換を強要する男性をたまに見かけます。女性からしてみたら、初対面の男性に唐突に連絡先を聞かれたわけですので、そう簡単に教える女性はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか。

  • 「あぁこの男性はこうやって誰にでも連絡先を聞く人なのね」
  • 「こういうお見合いパーティーにすごく慣れてる感じなのね」

ほとんどの女性は良くは思わず、こう思うはずです。せめて一回目のトークでは避けた方が◎です。

強引に連絡先交換した際のこんな後日談も・・・

たまに「パーティーの時に、女性から連絡先聞いたけど電話がつながらない」と、男性からご連絡をいただくこともあります。こういった場合は、教えたくないのに断りきれなくて、女性が嘘の番号を教えている可能性も高いです。

お手製の名刺も印象ダウンです

お手製の、名前と電話番号・メールアドレスを書いた名刺のような連絡先のカードを配っている男性も見かけます。

おそらく、ご本人様は、「いちいちメモに書いて渡さなくて名刺を作っておけば楽でいい♪」くらいの感覚でいらっしゃることでしょう。しかしながら、『慣れている感』が出すぎてしまい、女性は引いてしまう可能性大です。

いつどのタイミングで連絡先交換をするのが良い?

一番良いのは、カップリングが成立した際です。お互いに「もう一度話すチャンスが欲しい」とカップルになっているわけですので、自然な流れでお互いの連絡先を交換できるでしょう。

カップリングになっていない場合は、ブライダルゼルムのパーティーでしたら、フリータイムの時か、二周目のタイミングがベストです。(※現在はコロナ禍パーティースタイルで、フリータイムはなく、男性が二周していただく形式をとっていますので、全員の女性と二回必ずお話できます。)

お互いに一回目のお話の続きで、よりお話が弾んだ女性に「良かったら連絡先を教えてください」とスマートに聞いて差し上げるのが良いです。

ブライダルゼルムのシニア出会いパーティーは、連絡先交換はご自由です。しつこく迫らないように女性の反応が微妙でしたら、自分の連絡先だけ教えたりあっさり引くのが〇です。

カップリング成立したのに連絡先交換できなかった男性のケース

こちらもお見合いパーティーでは良くあることで、男性がご自分の連絡先だけを渡して、女性の連絡先を聞かなかったので、それきりで終わってしまったというケースです。

◆63歳男性様のケース

自分から連絡先を聞くのは失礼かなと遠慮して、自分の連絡先だけを教えたんだけど、女性から連絡がない・・・

女性に配慮したつもりが、裏目となってしまったもったいないケースです。女性からファーストコールをいれるのは、ハードルが高いことでもあります。

お食事をご馳走になったお礼など、自然な流れがなければ、女性から連絡をいれることは、「その気があったら連絡しておいで」と、まるで自分の前向きな好意を試されているような気持ちになります。

特に、中高年・熟年シニア世代の女性は警戒心も強いタイプが多く、積極的に行動できる女性はほんの一握りです。やっぱり女性としては男性からファーストコールは欲しいものです。

カップリングが成立したら、お互いの連絡先交換をスマートに交換しましょう。

ブライダルゼルムのアフターフォローを利用して連絡先交換する

ブライダルゼルムには、連絡先交換希望の無料のアフターフォローがございます。

参考過去記事:ブライダルゼルムのシニアお見合いパーティー無料アフターフォローをご紹介~無料の連絡先交換サポート

こちらは、カップリングになった方以外のお相手が気になった場合や、カップリングを決めるマッチングカードにご自分の番号を書いてくれているお相手に対して連絡先交換希望を出したりなどにも、有効です。ぜひご活用ください。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ