youtube 電話 お問い合わせ

お見合い相手のお誕生日!祝うべき?プレゼントやお相手に好印象を与えるコツ

こんにちは!東京・銀座で29年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

結婚相談所のプロフィールには、生年月日の記載はなく、「お誕生月」しか載っていないものです。お祝いの気持ちや、プレゼントを渡したくても、いつ渡せばいいのか?渡してもいいのか?と悩む人は多いのではないでしょうか。

今回は、婚活相手のお誕生日について、他のシニア世代の方はどうされているのか、プレゼントやお相手に好印象を与えるコツをお話していきます。

シニア世代にとって自分の誕生日とは?

50代・60代にもなると、自分の誕生日がくることは、そんなに喜ばしい事でもないようです。シニア世代の方にお話をお伺いしてみると、年齢を意識したくない・もうおめでたい年齢でもない、と感じる方が多い印象です。若い世代は、友人同士でお誕生日のお祝いする機会もあるでしょう。ですが、年齢を重ねるとそういった横の繋がりも薄くなってくるので、お祝いしてもらうこと自体があまり経験がない、という方もいらっしゃるんです。

子供や孫の家族の繋がりが密にあり、誕生日のお祝いをしてもらえる生活環境の方以外は、「そんなにご自分の誕生日に対して特別な感覚を持ってはいないけれど、お祝いしてくれたら嬉しい」こんな感じのテンションの方が大半です。

気に入られたい・好意を示したいことが前提

そもそもこのブログにたどり着いた方は、「気になっているお見合い相手や、交際を進展させたいお相手の誕生日をどうしたらいいか」を知りたくて、このブログを見つけて下さった筈です。そこまで前向きな気持ちを持てないお相手に対して、今回お伝えすることを実行する必要はありません。

ご自分がお相手に気に入られたい・好意を持っていることを示したいのであれば、誕生日のお祝いの気持ちを伝える事やプレゼントは、効果絶大です。お誕生日というイベントは、お相手に好印象を持っていただけるチャンスでもあります。

お見合いや仮交際の時に、トゥーマッチなお祝いをして、逆にお相手を恐縮させてしまったりする場合もありますし、どんなお祝いの仕方が効果的なのかわからないという方も多いでしょう。

  1. お見合いの時
  2. 仮交際の時
  3. 本交際の時

お付き合いの段階別に分けて、お話していきます。

①お相手の誕生日月にお見合い

「今月お誕生日の人とお見合いする」という事は、プロフィールから事前に分かっています。お見合い相手が好みのタイプでお会いすることを楽しみにしているお相手であれば、ささやかなお祝いの気持ちを送ってあげましょう。

◆男性の場合

お見合いの際に、「今月お誕生日月ですよね?いつですか?良かったらケーキセットでもいかがですか?」と聞くだけで良いです。この時、お相手だけにご馳走するのではなく、ご一緒にオーダーして差し上げましょう。一人だけいただくのは気を遣いますし、ご遠慮なさる方もいらっしゃいます。

◆女性の場合

お茶代は、男性にご馳走していただくことになるので、お菓子全般や、ハンドクリーム・リップなどちょっとしたものをお渡ししてみてはいかがでしょう。今でしたら、携帯タイプの除菌グッズなども重宝します。

シニア世代の婚活女性は、お相手がお誕生日月じゃなくても、お見合いやデートのお礼にちょっとしたプレゼントをお渡しする気遣いをなさっています。

ここで大切なのは、正確な誕生日を知る事。仮交際に入った時に改めてお祝いをすれば良いですね。

②仮交際の初期のお誕生日祝い

お相手が、来月お誕生日月でしたら、事前に結婚相談所を介して、お相手の生年月日をお問合せしておくと、お祝いするご準備もしやすいのではないでしょうか。

◆お誕生日当日は

お誕生日当日にデートの予定がないかもしれないので、メールやLINEでお祝いのメッセージを必ずお伝えしましょう。

◆お誕生日祝いのデート

シニア世代は、お食事デートをなさる方が多いので、男性は、デザートの時にバースデープレートを用意してくれるレストランを選んでおくと◎。

シニア世代が喜ぶ仮交際初期のプレゼント

男女関わらず、お相手に負担にならないようにするのが無難です。金額的には5000円以内のもので十分です。

初デートの際や、仮交際初期のデートでは、あまり大袈裟な演出や高価なプレゼントは重いので、プレゼントを渡す場合は、男性から女性へは、スイーツや消耗品が良いですね。もし迷ってしまったら、花束は大変喜ばれますし、無難です。女性にとっては、お花をもらうこと自体が新鮮で、乙女な気持ちにさせてくれるものです。

他に男性でしたら、靴下やハンカチ。男女共、これからの時期に使える扇子や傘も良いのではないでしょうか。後は趣味で使える物。例えばゴルフが趣味の方でしたら、ゴルフボールなど、実用的なものが喜ばれます。

③仮交際後期~真剣交際の時のお誕生日のお祝い方法

男性は、お誕生日に真剣交際の申し入れやプロポーズをしてみてはいかがでしょうか?

「もうおめでたい年齢でもない」と思っていても、女性はいくつになっても誕生日や記念日を大切に考えているものですし、良いタイミングで真剣交際に入れます。事前に結婚相談所間で、お互いのお気持ちの確認をして臨みましょう。

むしろお誕生日のお祝いをしてもらうタイミングで、真剣交際やプロポーズがなかった場合、女性の気持ちは極端に下がってしまうことも考えられます。

◆場所

雰囲気の良い特別感のあるレストランを事前に予約しておさえましょう。

◆プレゼント

お二人が初めて迎えるお誕生日なので、ぜひ思い出に残るプレゼントを!プロポーズとご一緒でしたら、ご婚約がわりに指輪やアクセサリーでも良いですね。

シニア世代は、「婚約指輪は欲しくない」という女性もいらっしゃます。普段から身に着けられるアクセサリーやバッグ・趣味のものなど、男女関わらずリクエストを事前に聞ける間柄でもあるので、せっかくなら本当に喜んでもらえるものをプレゼントしたいですね!お二人でご一緒にプレゼント選びをしても良いです。

また、バースデーカードを添えるのも効果的です。メールやLINEではなく、手書きのカードはシニア世代にとっては特にうれしいものです。お祝いの気持ちとこれから二人でどんなふうに生きていきたいかなど、言葉では恥ずかしくて言えないようなことや感謝の気持ちを書いてみましょう。

ブライダルゼルムでは、お店やプレゼント選びのご相談などもサポートしております!

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ