youtube 電話 お問い合わせ

離婚成立後すぐに結婚相談所に入会する方の4つの特徴~離婚時期を気にしないのが〇

こんにちは、東京・銀座で29年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

高齢化や平成20年に始まった年金分割制度によって熟年離婚が増えている昨今ですが、離婚が成立したばかりで、結婚相談所に入会される方も珍しくありません。

お見合い後の感想で「離婚して一年も経ってないのに、結婚相談所に入会したんだそうです」というご報告をいただくこともございます。その方は、離婚後すぐに婚活していること自体に引いてしまっていたご様子でしたが、何も引くようなこともございません。離婚したばかりですぐ結婚相談所に入会する男女は、どんな特徴があるでしょう?

①別居期間が長かった

離婚が成立したのがわりと最近でも、長い間別居していたり、一緒に生活していても家庭内別居していたケースもございます。長年の我慢の末、やっと籍が抜けて身軽になった状態で、婚活をスタートするシニアの方も結構いらっしゃいます。

実はこちらの成婚退会記事でご紹介した男性会員様も、離婚前からずっと私のブログを読んでくださっていて、離婚が成立してから、ブライダルゼルムへお越しくださった方でした。

過去記事:【シニア婚活体験レポ】婚活歴5ヶ月の62歳熟年男性が出会って1カ月でスピード結婚

まだ入籍中にカウンセリングだけ受けにいらっしゃるお客様もたまにいらっしゃいます。「離婚したら正式に入会します!」と、離婚準備と並行して婚活準備する方だっていらっしゃるんです。

②子供が独立するまで待っていた

お子様が成人し、独立する=子育てが一段落して親としての責任を果たしたと感じるタイミングで熟年離婚するご夫婦も多いです。「老後は新たなセカンドライフ。気の合う相手と再婚して豊かに過ごしたい」と結婚相談所に入会なさいます。

③突然離婚を言い渡され、失意の中、婚活を決意

こちらも多いケースです。元夫・元妻の不倫や浮気が発覚したり、何らかの理由で突然離婚を言い渡され、意図せず独身になってしまい、結婚相談所に入会するパターン。「このまま独りで生きていくのは嫌!もっと幸せになってやる!」と勢いでいらっしゃる方もおられます。

余談ですが、このケースの場合、きちんと再婚相手探しにむけて、お気持ちの切り替えができているのかが大切なポイントです。元夫のステータスや、年の差婚した若い元妻の存在を引きずり、それ以上を求めてしまうと婚活で苦労していまいます。

④以前も結婚相談所で成婚退会しスピード離婚

結婚相談所で婚活した方が一番最短の近道でお相手探しができるという事をご存知の方は、また結婚相談所でのお相手探しを選択するケースも多いです。

前回の婚活で、当人同士でポンポンとテンポ良く進めすぎて、スピード婚するタイプの方に多いです。そういう方には、今度は慎重に、長く寄り添えるパートナーを見つけていただけるようサポートしております。

離婚時期は気にしない!

三度の離婚をご経験されても、「結婚はもうこりごり」とならず、婚活する男性様もいらっしゃったり、結婚生活に失敗してしまっても、すぐに婚活をするのは、パートナーが欲しいから。それは独りでいるのは寂しいからという理由や、老後の経済的な不安もあったり、離婚に至る経緯と同じくらい、人それぞれです。

また死別をご経験された方で、すぐ婚活する方に対しても、「薄情」と感じる方がいらっしゃいますが、長い闘病生活を経ての死別だったり、こちらも人それぞれ理由があるものです。

熟年再婚では、離婚成立時は気にしない!考え方次第では、長年独身で気ままな生活をされてきたタイプの方よりも、最近までご結婚されていた方の方が、結婚生活に馴染みやすかったり、パートナーへの接し方など良い面もあると、考えています。

過去に離婚を経験したからこそ、その時の失敗から学んだこともあるでしょうし、再婚を望むのも幸せな結婚生活を知っているから、ということもございます。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ