営業時間 / 13:00~20:00(平日) 11:00~20:00(土日祝)  定休日 / 火・水

営業時間
2018.04.07 結婚相談所で結婚を目指す婚活ブログ(257)中高年・熟年シニア世代のための婚活ブログ(192)

【50代60代】結婚相談所へ入会するか悩んでいるシニアへ

こんにちは、東京・銀座で26年目、結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

50代60代の中高年・熟年シニア世代は特に、結婚相談所に入会する時、相当お悩みになることと思います。独身証明などの必要書類をわざわざ揃えて、お見合いプロフィール用の写真を用意して費用もかかるし・・・はっきりいってめんどくさい!そこまでして・・・、というプライドもあったり、色々な思いが頭の中を駆け巡ります。

Bゼルムでは今20代~80歳まで様々な年齢の会員さんが婚活していらっしゃいます。中高年・熟年シニア世代となると、もっと結婚相談所に登録するハードルが上がる、腰がどんどん重くなるんです。若い人よりも勇気がいるんです。

「こんな年齢で見つかるの?」「でもこのままではこの先・・・」「独りでいるのは嫌。けどどうしたらいいかわからない」と不安な気持ちでいっぱいのシニア男女。

今日はそんな気持ちで春だってのにくすぶってるあなた様に!よし!やっぱり結婚相談所に入ろう!と元気に背中を押すブログになります(^^♪

結婚相談所に入ろう!と中高年・熟年シニア世代が思うタイミング

Soorelis / Pixabay

年をとると時間がたつのって本当に早い・・・子供の時は1日が長かったですよね。各駅停車レベル。20代は急行、30代は快速、40代は新幹線、50代は飛行機、60代は・・・ロケット?とにかく「もう1週間たってる!」と同じテレビ番組を観て感じたりしません?(はい私です。)

このまま独りでパートナーと出会わず老後を過ごすのかな・・・10年後20年後の【ほんとにほんとの老後】がぼんやり見えてくるシニア世代、そんな中、「結婚相談所に入会して、婚活してみようかな」とシニア世代が思う時ってどんな時なんでしょう?

自分だけで動く婚活や出会い方に限界を感じた時

中高年・熟年シニア世代ともなると自然な形で出会う機会もなかなかありません。結婚相談所に入ろう!となる前にまずは気軽にお見合いパーティーや出会いのイベントに参加してみたりという経緯がほとんどの人にあてはまります。

カップル成立するものの、真剣度が低く遊び目的だと感じてしまった、そもそもそういう出会いイベントが自分には向いてないなど。マッチングアプリでの婚活サイトもそうですね。登録もしたものの、相手のプロフィールが嘘だったなど。いったんその段階で望みを持ち長く踏みとどまり、時間ばかり浪費してしまう方も多くいらっしゃいます。

子供が独立した時、結婚が決まった時

「もう親としての責任がなくなり、自分の幸せを見つけたいと思った」

「子供が結婚する時に、自分を一人にしてしまうと心配をかけたくない」

「子供の結婚が決まり、自分も再婚したいと思った」

子供に負担をかけたくない、という思いから、子供の独立や成人のタイミングで再婚相手をさがそう!という中高年・熟年シニアのお客様も多いです。

親が亡くなった時

介護が必要で、仕事をしながら親の面倒を見て過ごしていた日々から解放されて、身軽になったタイミングで「結婚相談所に入ろう!」という方も多いです。

病気になったり将来の経済的不安を感じた時

病気やケガをして精神的に心細くなったり、いつまで働けるのかな・・・と経済的な不安を感じた時も、パートナーが欲しいと思うタイミングです。

経済的に余裕があり自立している人は【パートナーに頼りたい】という考えがそもそもないので切実に結婚相手を求めません。10年後、20年後の自分の暮らしについて不安を感じている人、実はこういう方は、「がんばって結婚相手をさがす!」と一生懸命婚活するのでいい出会いをつかみやすいです。

やっぱり結婚したい、結婚をあきらめきれないと感じた時

前にも結婚相談所で婚活経験があり、その時は挫折して「もう自分は結婚なんていいや・・・」と思ったけど、少し休憩したらやっぱりやっぱり・・・諦めたくない!もう一度!結婚相談所で婚活しようと決意する人も多いです。

決まっている人と決まっていない人の差は「婚活を続けたから」というだけなんです。挫折しそうになっても諦めずに頑張っただけなんですよね。

参考過去記事:【婚活疲れ…うまくいかない、行き詰まった時の対処法
どうして自分は結婚できないの?

中高年・熟年シニア世代に多い結婚相談所に入るきっかけ・タイミングはこんな感じでした。もちろん皆さん共通している思いは【残りの人生を気の合うパートナーと楽しく豊かな時間をすごしたい】これに尽きます。

優柔不断でいいの?「シニア世代の1年」=「若い時の10年」の価値

geralt / Pixabay

考えれば考えるほどどんどん腰が重くなり、先送りにして時間がまた過ぎていきます。

はっきりいって、シニア世代に悩んでる時間はありません。若い時の10年が今の1年に感じるシニア世代の婚活男性の言葉。
中高年・熟年シニア世代にとって、1年という時間はそれくらいあっという間に過ぎるし、これから過ごす1年も若い時の10年分の価値のある時間です。

婚活している時間ももったいないくらい!結婚・再婚相手を探すことに時間をかけたくない。早く出会いたいという気持ちなんです。

そんな時間の流れ方の中で、心の底ではパートナーを見つけたい、結婚・再婚したいという思いがあるの、に行動できずにもやもや悩んでいる時間って一番もったいないです。

上記にもあげた「子供の独立・結婚」「親との死別」のタイミングも結婚相談所へ入会する1つのきっかけですが、その時が来るのを待ってたら自分も年齢を重ねてしまう・・・

シニアの時間の流れ方の価値を理解している人は【その時が来るまでにもう相手を見つけて結婚準備しておこう】と結婚相談所に入会してお相手探ししていますね。

何も行動せずに80歳になって、(あの時、婚活をしてみたら何か違っていたかな)と思っても後の祭り。時間は有限の資産ですから、迷ってるならとにかく動くこと。

いかがでしたでしょうか

Big_Heart / Pixabay

【残りの人生を気の合うパートナーと楽しく豊かな時間をすごしたい】そんな思いの人と出会いたい、シニア世代の男女がこう考えた時に、プロフィールを見れば結婚相手としてお互いを考えられるバッググラウンドが分かる結婚相談所のお見合いって、シニア世代にとって最も時間を無駄にせず安全に効率よく結婚相手を見つけることができると思うはずです。

結婚相談所で婚活することに迷ってるシニア世代の方、迷ってる間にも行動してる方はもう始めています。ほんの少しの勇気、まずはお気軽にカウンセリングにお越しください。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ

Tags

結婚相談所婚活シニア婚活60代50代