youtube 電話 お問い合わせ

交際経験が少ないシニアが婚活を成功させるにはアドバイザーのサポートが必要不可欠

こんにちは、東京・銀座で30年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

「恋愛離れ」という言葉があります。ブライダル総研が発表した「恋愛・結婚調査2019」の調査結果(全国の20~40代の未婚男女2400人を対象)では、男性20代の約4割が「交際経験がない」という結果でした。しかしながら、恋人が欲しいと思っている人も半数以上いるのも事実。

若い方には様々な出会いの選択肢があり、アプリやSNSで繋がりを持つ事は簡単な筈で、「恋人が欲しいけれど出会いがない」という点に違和感を感じます。「50代を過ぎるともっと大変なのよ」とも思いますね。きっと切実に出会いを求めているわけではなく「良い人がいたら…」という感覚なんでしょう。

では、「交際経験がない・少ない」50代・60代の男女においてはどうでしょう?

恋愛経験・交際経験が少ないことは恥ずかしいことではない

実はこれまで元夫としかお付き合いの経験がありません。/ 50代死別女性

今まで仕事ばかりで誰とも交際経験がなく、女性とどう付き合ったらいいか分かりません。でも結婚したいんです。/ 60代初婚男性

このような相談をすること自体が恥ずかしいと、腰が重くなってしまう方がおられるようですが、決して珍しいことではありません。学生時代から職場に至るまで、同性しかまわりにいない環境だったという方や、「そのうち出会いがあるだろう」と気づいたら60代…という方も、これまで数多くお会いしてきました。しかし『婚活を始める』となったら、気を付けておきたい大切なポイントがあります。

異性との交際経験がない・少ない方の婚活傾向

①理想が高い

結婚相談所で婚活した場合、ご自分が会いたい人とお見合いが成立しない、お見合いの申し込みをもらっても、希望と違うので会いたくない…このようなお悩みに陥りがちです。ご自分では「普通の人」を求めていても、普通の基準値が高かったり、実はバランスがとれていない相手を求めてしまっている傾向もあります。

これまで異性にモテてきたけれど、縁がなかったという方にもいらっしゃいますね。モテる事と交際経験は比例するわけではないんです。

②コミュニケーションが苦手

異性との接し方が分からず壁を作ってしまったり、あるいは馴れ馴れしい態度をとってしまったり、お相手に「本当に結婚したいの?」感じさせてしまったりと、距離感がつかむのが苦手な傾向があります。歩み寄るというよりは条件の合致を重視しすぎて『合わない』とすぐ結論づけてしまう方は、異性への接し方を学習していくことも大切です。

おすすめの婚活方法~アドバイザーのサポートが必要不可欠

  • 異性にどのように見られてしまうことが多いのかを知る
  • お断りされる理由を把握する
  • 話している様子をチェックしてもらう
  • 電話やメールなどのツールを使ったコミュニケーションの練習
  • その都度、交際状況を素直に相談してアドバイスをもらう
  • アドバイザーとまめに連絡をとる

交際経験の少ない方にとって、婚活、慣れないことの連続になります。結婚相談所の良いところは、些細なことでも相談に乗ってくれるところです。交際経験が少ない方は特に親身になって話を聞いてくれ、サポートが望める結婚相談所に登録する必要があります。お悩みは、アドバイザーと共有するつもりで抱え込まずに婚活をしていただきたいです。

どうしてもお一人で出会いパーティーやアプリで出会おうとしても、上記に挙げたようなポイントを解決することは難しく、結婚したいという強い意志で臨んでも、結局自己流な婚活になってしまい、何故うまくいかないのか、どうすれば結婚相手が見つかるのかが分析できないものです。

安心していただきたいのは、ブライダルゼルムには「ご自分と同じような人が沢山婚活している」ということです。『カウンセリングの予約をとるだけでも勇気のいること』というのも理解しています。

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

交際経験ほぼ0の初婚男性の婚活成功体験談
立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり20年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ