youtube 電話 お問い合わせ

お見合いパーティーのプロフィールに本名を書きたくない場合~デメリットや対処法など

こんにちは、東京・銀座で30年、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

珍しい苗字だから、お見合いパーティーのプロフィールに苗字だけでも書きたくないの。偽名じゃだめですか?

参加してみたいけれど、本名を教えると、検索されたりしそうで心配だなぁ

お見合いパーティーの魅力は、気軽に参加できるということ。婚活を始めたばかりの婚活初心者の方も、「まずはパーティーから・・・」なんてお客様も数多くいらっしゃいます。

しかしながら、個人情報に敏感な方も多いのが、中高年世代でもあります。今は、SNSも10代~30代のものではなく、中高年シニア世代の利用者も増えているので、お見合いパーティーで不特定多数のお相手に本名を教えることに不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事では、

  • お見合いパーティーではプロフィールに本名を書かないとダメ?
  • どうしても本名を書きたくない場合の対策
  • 本名を書かなかった場合のデメリット
  • ブライダルゼルムのシニアカップリングパーティーではどうしているか

こちらについてお話していきます。

予約の際は本名で申し込まないといけない

銀座で開催中のブライダルゼルムお見合いパーティーでは、ご予約の際に、

  • お名前
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 住所

上記4つの項目が必要です。ブライダルゼルムでは、初参加のお客様は、受付で身分証のご提示をお願いしております。皆様に安心してご参加いただくために、ご本人確認が必ずありますので、偽名でご予約してもすぐにバレてしまいます。

プロフィールに書くご自分のお名前

では、本名で予約しないといけないという事はさておき、プロフィールだけ、偽名にしたい場合はどうでしょう。こちらが可能なのは、印刷タイプのプロフィールではなく、ご自分で記入していただくタイプのプロフィールのパーティーのみ可能です。

ブライダルゼルムは記入タイプのプロフィールです。今は印刷するタイプのプロフィールも、漢字ではなくカタカナ表記だったり、苗字だけの表記など、主催者側も個人情報を配慮している所が多いです。

私も、司会の時に、「苗字やお名前だけでも大丈夫です」とアナウンスしています。お名前の記載に抵抗のある方は、ひらがなで苗字だけ・名前だけ書いておくのがベターです。

Q.名前をイニシャルで書いてもいいですか?

「なんでイニシャルなの?」と多くの方に聞かれることになって、かえって面倒くさいように思います。「Eさんは・・・」と、イニシャルで呼ばないといけない側がどう感じるのかの想像力も働かせたいところです。

やけに警戒心が強い人・自意識過剰・何者?と良い印象を持たれることはまずないです。

プロフィールに本名を書かない場合のデメリット

Q.珍しい苗字のため漢字でなくても書きたくない

かなり珍しい名字のため、個人情報を知られたくないという方もいらっしゃいます。そんなお客様の中には、少なからず、本名以外の、例えば旧姓や適当な苗字を、プロフィールに書いていらっしゃるお客様もいらっしゃるようです。

ただ、主催者側にそれを伝えておいていただかないと、当然把握ができません。連絡先交換希望など、後日お問合せが入った時に、お名前が一致せずトラブルになってしまう可能性もあります。どうしてもの場合は、別のお名前をプロフィールに書きたい旨をお知らせいただけるとありがたいです。

それ以外、パーティーで出会うお相手に対してのデメリットもありますので、お知らせしておきます。

例えば、プロフィールは偽名で、カップリングが成立したお相手だけに本名を教える・・・という事でも、偽名を使った場合、

え、なにこの人、遊んでるの?慣れてるんじゃない?

カップリングした人が偽名だったの!逆に騙されそうで引いた

このように不信感をもたれやすいです。純粋に個人情報を公表することに不安があると言っても、偽名を使った場合には、このように誤解されてしまうデメリットがあるということも理解しておきましょう。ご本人が真剣な出会いを求めご参加されているならば特に、マイナスなイメージを持たれてしまうことは本意ではありません。

本名を書きたくない場合の対処方法

  • 苗字が珍しい場合は、下の名前のみ
  • 苗字だけ表記
  • ひらがな・カタカナ表記

この3つのいずれかおすすめです。20代なら、あだ名やニックネームでも良いでしょうが、さすがにシニア世代の方で、あだ名にするという選択肢もない筈です。

「なんで下のお名前だけなんですか?」と聞かれたら、「けっこう珍しい苗字なので、こういう場所では名前だけの方がいいかなって☆」と正直にお答えしたら、それ以上つっこんでくるお相手もいないでしょう。

まとめ

この仕事をするようになって、変わったお名前のお客様に沢山お会いしてきました。珍しいお名前ほど、やはり特定されやすいため、ご本人は不安になるものです。

たまにお客様に聞かれる質問についてお話させていただきました。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ