youtube 電話 お問い合わせ

【女性向け】婚活の邪魔者!元彼・元夫の収入や職業のステータスは捨てましょう

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

「元彼が医者だったんです。」

「元夫が年収2000万以上あって、お金持ちだったんです。」

カウンセリングの際に、このようなお話をされる女性は、やはり元彼・元夫と同じレベルのハイスペックの男性を望む方が多いです。

その女性方にとって、医師の元彼・高収入な元夫に選ばれたという経験が、ご自身のステータスになっていて、そんなレベルの高い男性に選ばれた事が、ご自分の誇りなのです。

その他にも、身内が医師のご家庭や、国家公務員が多くいる家系など。

価値観が合う人と出会いたいから

と言いつつ、ご自身は、結婚しないと老後が不安なくらい経済的に自立できなかったり、婚活が死活問題でもこのステータスにしがみついている方もいらっしゃいます。

ですが、今は婚活中の、ただのおばさんなんです。まず謙虚なお気持ちで、それをちゃんと自覚すること。

今、他人事だと思った30代婚活女性~!(笑)これはシニア世代の方に向けて言ってるわけではなくて、30代・40代にも言ってますからネ!(笑)

いくつになっても、ハイステータスな男性にふさわしい女性であれば、そんな過去に執着して胡坐をかくことはありません。結婚相談所に登録しても、必ずお見合いのチャンスもありますし、男性からのアプローチもあるはずです。

スーパーエリートな元夫に未練たらたらの40代女性の誤算

離婚経験のある40代女性は、元夫に未練があり、「夫より高収入・もしくは同レベルの男性」を希望していらっしゃった女性のケースをご紹介します。

ただ、口を開けば夫のお話。どれだけご自分が良い生活をさせてもらっていたか、離婚してどれだけ後悔したか、ばかりで、再婚して新たな夫に寄生したいだけのように感じてしまいました。

ご本人は実家暮らしの家事手伝いで、「結婚しか人生をやりなおす道がない」と切実なご様子でしたが、まだ本当に切実とは思えません。

お見合い相手にまで、元夫の話や身の上話をしてしまう始末で、アドバイスもむなしく「本当に婚活しなきゃと心から思っての行動ができるようになるまで、退会して自分を見つめ直した方がいいのではないか」と、結婚相談所から退会をすすめられる状態になってしまいました。

元彼・元夫のステータスは、婚活する上で、婚活相手の幅を狭くする邪魔者です。

大事なのは【今】と【これから】ですから、そこにとらわれることなく出会いのチャンスを逃さないようにいきましょう。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ