youtube 電話 お問い合わせ

中高年・熟年シニア世代お見合いパーティー攻略法~身だしなみや振る舞いなど

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

もはや50代をシニアと呼んでいいものかというくらい、50代は若々しい印象です。

中高年・熟年シニア世代のお見合いパーティーで、カップリングになれる人・なれない人の違いは何か知りたい!

せっかくのお見合いパーティー、出会いを求めて参加してるわけですから、「今日カップルになれなかったな~」とお帰りになるよりも、「カップリングになった!」と収穫があった方が嬉しい筈です。

今回は、そんなシニア世代お見合いパーティー攻略法をお知らせしますね。

白髪が気になる女性は髪の毛を染めてみましょう!

何回かお見合いパーティーに参加してるけど、なかなかいいなと思った人とカップルになれない・・・そんな女性は第一印象をイメチェンしてみたらどうでしょう。

「自分が好かれたいと思う男性は、どんな女性が好みかしら?」と考えてみたことが、意外とない女性も多いはずです。

男性のようにダンディというふうにならないのが、シニア女性の白髪問題。

一人一人とお話する時間が短いお見合いパーティーだからこそ、第一印象はとても大切です。

白髪まじりのグレーヘアだと、どこかくたびれたおばあさんという印象になりがちです。反対に、65歳でもつやつやの美しい髪をしている女性が、あまりにも若く見えすぎて、男性が「年齢クラスを間違えて、予約しちゃったの?」と言われたりすることもあります。

それほど、髪の毛・ヘアスタイルは、シニア世代の第一印象を大きく変えるものです。若々しさと【出会いに前向き】であることをちゃんとお相手に伝えてくれます。

お見合い婚活されてるブライダルの60代の女性会員様は、意識高く2週間に一度ヘアカラーをされてます。今は自宅でも簡単に毛染めもできますから、髪ぐらいと思わず染めてみてください。

根本だけが気になるようでしたら、マスカラで一時的に白髪隠ししたり、ごまかす必要があるものだと考えると〇です。私もマスカラでたまにカモフラージュしています(笑)


↑こういう感じの白髪だったら染めた方が絶対に◯!

(特に男性は)常連ぶらない、初々しくあること

「月に一度こういうパーティーに来るのが楽しくて、もうずっと来てるんだよ~」なんていう男性がいたら、「あぁこの人は真剣な出会いが欲しいわけじゃないのね」「そんなしょっちゅう来てて全然いい人が見つからないような人なのね」とかいずれにしてもいい印象を持つ女性は少ないと思われてしまいます(笑)

いかにもパーティーに慣れているというような雰囲気や素振りは、マイナスなのでできるだけ避けましょう。

例えばそれは、座り方1つでも表れます。

参考記事:お見合いパーティーで女性は男性の座り方も見ている

あとお友達同士で参加する女性はついつい強気な感じになりがちです。男性は尻込みしてしまっている方も多いです。初々しさ、大切です。

男性はスーツ・ジャケット着用が無難

「定年になってスーツを着る機会がないから、こういう場面でスーツを着ることは、自分自身にとっても気持ちが引き締まる感じがしてすごくいいんだ」なんていう男性のお客様もいらっしゃいました。

この世代のおしゃれって難しそうだなぁって、特に独身でお洋服にこだわりがない方は、おしゃれが好きな男性との差がものすごく顕著に出てしまいます。

昔ビートたけしが着てたみたいな派手な柄物のセーターですとか・・・奇抜な印象を持たれてしまいそうです。

(若い子が着てたら逆に・・・おしゃれな感じがしてきた。)

潔感のある服装であるということが大前提なので、服装のセンスに自信がない人はスーツが無難かと思います。それが1番男性を素敵に見せてくれるかもしれません。

女性は、元夫の職業など、ステータスをひけらかさない

私の元夫は背が高いの国家公務員だったの。ここにはそういう人がいなくてがっかりだわ!『175cm以上の公務員』と書いたら、男の人に「こういうことを書かない方がいいよ」って言われたの!!

20代・30代の頃の感覚で、シニア世代になっても出会いを求めてしまいますと、うまくいきません。今は年月を経て1人身の、出会いを求めてる、ただのおばさんであることを自覚しましょう。

参考記事:婚活の邪魔者!元彼・元夫のステータスは捨てよう!

子供の職業などステータスをひけらかさない

子供は親の芸術作品。自慢の息子、娘を持つとつい話したくなる気持ちはわかります。離婚したり死別したりして、ご苦労され育て上げたお子様ならなおさら自慢したい場でもあります。

「うちの息子は◯◯省勤務の国家公務員なの」

「うちの息子は警察官なの」

「うちの娘は、医者の家にお嫁にいったの」

でもそれを言われた方は「理想が高そう」「相手にされないだろうな」などと気後れしてしまうかも。

「すごいね~」「立派だね~」と言われたいのもわかります。

お子さんは素晴らしい、立派に育て上げたあなたも素晴らしい。でも前述の通り、出会いを求めてるシニア世代の独身であるということを自覚しましょう。

大事なのは、居心地のいい時間、空間を過ごせる相手ということ。不幸にならない相手ということ。それには経済的に最低限どれくらいの生活レベルの相手でないといけないのか。

この世代には、実はそんなに自身の肩書などは必要はないのです。

口臭・体臭に男性は本当に気をつける!

  • 耳の裏までしっかり洗う
  • 歯磨きの時に舌まで磨く(舌が白い人は要注意)
  • フリスクなど口臭予防に食べる
  • 整髪料・香水をつけすぎない。

第一印象が「くさい人」って最悪です(^_^;)

女性はだんだん足が開いてきちゃう。座り方に気をつけましょう

ファーストトークからフリータイムなど移動の多い男性に比べて、女性は座りっぱなし。同じ体勢でいるのって疲れちゃいますよね。

座ってると・・・こう・・・だんだん足が少しずつ開いてきちゃってもうかなりキワドイ感じに。電車でもたまにひやひやしちゃう方いませんか?見えそうで見えないとか、だいたい見えちゃってる人とか、気をつけましょう(笑)

参考記事:お見合いパーティーでは女性は座り方で差がつく?モテる座り方とは?

いかがでしたでしょうか?

今日挙げたことはほとんど第一印象UPなお話でした。身だしなみや振る舞いはとても重要です。

パーティーは短時間でいかにいい印象を残すかが鍵になります♪

その他、パーティー攻略法に関しては勝ち組のカップリングパーティーをご参照ください☆

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ