youtube 電話 お問い合わせ

お見合い申し込み後に返事がない理由5つのパターン~回答期限前にしっかりお返事を

こんにちは東京・銀座の結婚相談所Bゼルム 婚活アドバイザー立花です。

今日は、お見合いの申し込みをしたら、すぐにお返事がくると思っている方向けのメッセージです。

お見合い申し込みを受けた側がすぐに返事をしない理由は「人それぞれ」

本来ならば、お見合いのお申込みのお返事の有効期限は2週間程度。その間にお返事がなければ自動的に「不成立=お断り」になります。

結婚相談所に登録したての時というのは、ご本人自身がやる気に満ち溢れていて、ついつい前のめりになりがちで、お申込みして4~5日でお返事がないと、やきもきしちゃったりする方もけっこういらっしゃいます。

自分だったら、会いたい・会ってもいいなと思ったら即回答。それ以外はプロフィールを見てお断りの返事をするから、すぐにお見合いのお返事がこないと、なんで?と思う。

すぐに返事をしない理由は『人それぞれ』なんです。理由の大半は下記の5つのパターンに分かれます。

  1. 堅実派:「まずは自分から申し込んだお見合いが成立するか知りたいし、その結果次第で相手からきたお見合いの申込み受けよう。」
  2. 慎重派「次のお見合いの結果次第・交際に入ったばかりの人とデートがしてから、お見合いするか決めよう」
  3. タイミング派「忙しくてor体調が悪くて、お見合いにあてる時間がない…。お見合いをお受けして1ヶ月以上先の日程を出すのは失礼な気もするし、すぐ返事ができないな~」
  4. 穏便派:「せっかく申し込みをくれたわけだし、NO返事を出すことに抵抗があるんだよね…。2週間たてば自動的にNO返事になるので、その方が気が楽かなぁ…」
  5. 交際中派:「すでに交際中で、これから真剣交際に入りたいと思っている相手がいます。お見合い申し込みがきても、特に見ないで放置してしまっています」

お返事の回答期限がきれた場合はお相手からお見合いの申し込みが入る場合も

このように、お見合いの申し込み1つとってもお相手次第でお返事がない理由は異なります。大抵お見合いのお返事の有効期限が2週間なので、10日すぎのわりと期限ギリギリにくることも多いです。お見合いのお返事の期限が切れてしまって、お相手が「やっぱりお見合いすればよかった!」とお見合いを希望した場合、今度はお相手からお見合いの申し込みが入ります。

「以前、お見合いの申し込みをいただきました。あの時は〇〇が理由でお返事できず・・・もしフリーでしたらお見合いしてくださると幸いです」

こういった【お見合い回答期限切れのご承諾】も珍しいことではないです。この場合は、こちらがお申込みを受けた側になるので、すでに交際中の人ができてしまっていたり、お見合いを希望しない場合はお断りできます。

結婚相談所側としては「きちんとお見合いのお申込みのお返事はしてほしい」

お見合い申し込みをした側は、いいお返事がくるのを期待してお待ちしているので、できればお会いする気持ちがない場合は、回答期限がきれて自動的に不成立になる前に、お返事をしていただけますとありがたいです。

今回のブログでは、結婚相談所でお見合い申し込みをしても、お返事がこない理由は人それぞれ、どんなものなのかまとめてみました。お見合いのお返事がないと、「本当にお見合いの申し込み自体、ちゃんとお相手にしてくれているの?」と不安に思ったり、婚活している会員様のモチベーションも下がってしまいますよね。『 お見合いのお返事がないことがお返事 』とある程度割り切って、またプロフィール検索をしていただくようにお願いしています。

結婚相談所ブライダルゼルムでは、こういった結婚相談所に入会したばかりの時に疑問に思うことや、お見合い申し込みの際の注意事項や考え方なども会員様にお伝えしています。

婚活中、お見合い申し込み・お見合いセッティング・お見合い・交際・・・様々な場面で婚活アドバイザーがサポートさせていただきます。結婚相談所を検討中の方は、まずはお気軽にカウンセリングから、お問合せください。今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ