youtube 電話 お問い合わせ

信頼・安心できる結婚相談所の婚活アドバイザーを目指して

こんにちは。東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

婚活=あなた様ご自身のご結婚相手を見つける活動です。そして、結婚相手に選んでもらうための活動でもあります。

結婚相談所での婚活は、ダイエットや筋トレと似ています。

減量や筋トレが目的の場合、「正しい減量法がわからない」・「どういうトレーニングが効果的なのか」・「どんな体になりたいのか」など、何もわからないご自分に対して、プロのトレーナーさんが指導してくれたりするわけです。結婚相談所はパーソナルジムみたいなものとイメージしてみてください。そのジム(=結婚相談所)の特徴や、トレーナー(婚活アドバイザー)も人それぞれ。サポートの仕方も様々であり、受けられるサービスも違ったものになるでしょう。

だからこそ、ご自身に合うサポートや、結婚相談所選びが婚活を左右します。今回は、『婚活アドバイザー』についてのお話です。

結婚相談所の婚活アドバイザーはどんなことする人?

婚活アドバイザーは、「結婚したい!」と考えている方をご成婚に導くため、様々なサポートをするのが業務です。カウンセラーやコンシェルジュなど、結婚相談所によって色々と呼び名が異なります。

特に資格取得の義務があるわけではないので、アドバイザーとしての経験やセンスも問われる仕事です。

ブライダルゼルムの婚活アドバイザーの主な仕事内容

  • カウンセリング
  • プロフィール作りについてのアドバイス・写真
  • ブラッシュアップ(服装やメイク・身だしなみについてのアドバイス)
  • お見合いの申し込み
  • お見合いが成立しないなどのお悩みの解決のためのご相談
  • お見合い日時のセッティング
  • お見合いの時の身だしなみ・一般的なマナー・トーク・振舞い方のサポート
  • ご交際に入ってからのご相談
  • なんでお断りされたのかなど、今後の婚活に活かせることがあれば理由
  • 成婚まで諸々の大切なことの確認

大まかなサービス内容は、上記になります。

ブライダルゼルムでは、基本のサービスはあっても、会員様にとって必要なサポートは異なり、またシニア世代の婚活サポートという特性上、より個別性の強いサービスが必要だと考えています。

結婚相談所での婚活は、会員様によっては(特に真面目すぎる人)つらい・苦しいと感じることもございます。

お見合いの申込みをしたもののお断りされたり、お見合いしても断られ続きだったり、これからの人生を共に過ごすパートナーを探しているので、真剣に取り組むからこそ、心が折れてしまいやすい局面もあるはずです。

「もう婚活しても結婚できる気がしない」「もう自信ないやめたい」そんな時に励まし、話を聞いてアドバイスしたりもいたします。結婚までの道のりを二人三脚でサポートしてくれるのが婚活アドバイザーという存在です。一人で婚活するより断然心強い!と思えるアドバイザーがベストですね。

婚活アドバイザーとして私たちが心がけていること

会員様の長所探し

私たち婚活アドバイザーは日々、20代~中高年・熟年シニア世代まで様々な婚活中の方と出会っています。会員様に関しては、その人のいいところを見つけて。お見合い相手にアピールするのも私たちのお仕事です。ですから、長所探しはとっても上手いです。

ほどよい濃さのコミュニケーション

結婚相談所では、会員様はできるだけ自分の思いを素直に話すという事を遠慮せずにしてほしいと考えています。

今考えていること、不安なこと、お見合い相手の印象、デート中にこんなことを聞いたらこう答えられて真意がわからない、デートの感想、お相手のこんなところが気になる・・・etc…

毎日毎日しょっちゅう連絡をとる必要はないけれど、気さくに何でもディープなことまで話せる間柄も大切です。

やはり結婚=生活ですから、それには金銭的な事柄など、友達に話したらひかれてしまいそうなセンシティブな話題だったり、あるいは性的な話題や、「こんな事まで相談に乗ってくれるなんて」と言われるほど、どんなことにも対応しております。

婚活アドバイザーは会員を守る立場

会員様に不利益なことがないように、合理的・効率的・損をしない・プラスになる・・・そんなご提案をするようにしています。

例えばこの人と結婚した場合、こういうメリット・またはこんな不安が出てくるかもしれない、といった客観的なお相手選びの視点なども、会員様が婚活アドバイザーに求めていることだと思います。

信頼・安心できるアドバイザー探しとは?

カウンセリングとお世話係が別の場合がある

カウンセリングの時にさんざん身の上話を話して入会しても、実際のサポート係は別の人物・・・という結婚相談所もあります。

私の個人的な意見ですが、その場合、会員様の人柄やお相手に対する希望など婚活する上で必要な情報がについて直接触れてアドバイザーが感じたことなどが、又聞きになってしまうため、つっこんだサポート・適切なサポートが十分にできないイメージがございます。

その方自身、カウンセリングで話を色々することができたのは、もしかしたらそのアドバイザーの人柄や仕事に対する姿勢に、初対面ながらも信頼感が芽生えて安心して話すことができたからかもしれません。「カウンセリングしてくれた人が担当アドバイザーになってくれるのか」の確認は念のためした方がいいです。

婚活アドバイザーとの相性を見る

婚活アドバイザーの人柄や、ご自分との相性が合って信頼できる人かどうかも大切です。ブライダルゼルムでは、会員期間は1年。1年という時間、婚活サポートをしてもらうわけですし、何か相談したくてもなんとなく相談しづらいなんて事では、成婚までの道はスムーズに進みません。

加えて、なかなか婚活アドバイザーと連絡がつかない場合も、婚活中に歯がゆい思いをしてしまうかもしれません。必要なタイミングで、コミュニケーションが取れないと、活動もスムーズにいきません。

逆にあなた様自身が、アドバイザーのアドバイスを活動に生かせず、ご自分でなんでも決めつけてしまう場合も、成婚にはつながりにくくなります。

ジムのトレーナーが、「食事はこうした方がいい、トレーニングはこうしてくださいよ」と指導してもその通りしなかったら思うように体も仕上がらない、みたいなものです。

アドバイザーは、時には言いたくないことも伝える必要があります。どうしてお断りされたのか、お相手はあなたのどんなところをNGとしたのか、短所や改めた方がいい点、今後のために改善するべき点をアドバイス致します。

婚活アドバイザーと会員の信頼関係がご縁を生むこともある

婚活アドバイザーに、会員様がお相手選びをおまかせでセッティングしたお見合い、めでたく成婚したカップルは、「自分ではこの人のプロフィールを選ばなかった、でもアドバイザーにすすめられたし、とりあえず会ってみよう・・・からトントン拍子でした」なんてケースも、とても多いのです。

2,3件、結婚相談所でカウンセリングを受け比較してみるのも◯

アドバイザーも色んなタイプ・性格の人がいますから、ご自分が何でも話せそうな関係性が築けそう、経験豊富で一生懸命やってくれそうな人を見つけていくことも大事です。

  • 当日に強引に入会契約をさせようとしない。
  • ちょっと世間話などもしてみる。
  • 自分と同じ年齢の同じような状況の人がどんな人と成婚したのかを具体的に聞いてみる。

婚活するのは、あなた様自分自身

「結婚相談所で婚活を成功させるには、どうしたらいい!?」と積極的な気持ちでご縁を掴んでいくこと。

アドバイザーはあくまで婚活をサポートする立場で、結婚をするのはご自分自身ですから。頑張ってる人は私たちも応援したくなるものです。二人三脚で頑張っていきましょう。

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。最後までお読みくださりありがとうございました。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり20年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ