youtube 電話 お問い合わせ

お見合いで一度お断りしたお相手と再度お見合いをする場合のポイント・注意点

こんにちは。東京・銀座で27年目。結婚相談所Bゼルムの婚活アドバイザー立花です。

以前、『交際終了後復縁されたい場合』についての記事を書かせていただきました。

その記事では、『お見合い後に交際に至ったものの、何らかの理由で終了してしまい、その後復縁された』というケースを例に、復縁はそんなに珍しいことではないことをお伝えしました。

関連記事:お見合い相手と交際終了後に復縁~60代熟年カップルの成婚例体験談

では、お見合いで『お断りしたお相手ともう一度会いたい場合』はどうしたら良いでしょうか?一度断ってしまったのだから、諦めた方がいい?今回はこの点についてお伝えしたいと思います。

お断りしたお見合い相手に「また会いたい」となぜ思われたのか?

  • まだ婚活を始めたばかりで、『悪い印象ではない』程度の気持ちのお相手へのお見合いのお返事は、お断りにした方がいいのかと思っていた。
  • お相手からお見合いの時に猛プッシュされ、その時は嬉しかったのに、帰って色々考えすぎてしまいお断りしてしまった。
  • お断りする前にもっとデートしてお相手のことを分かってから、判断すればよかった。
  • その後色々な方とお見合いして、やっぱりあの人が一番よかったかもしれない・・と思ってしまった。

お見合いされた方によって理由は様々です。いずれにしても、お見合いで一度お断りした相手ともう一度お会いしたい場合は、その趣旨を担当婚活アドバイザーに正直に伝えたらいいのか、もしくは諦めた方がいいのかなど、お悩みの方はいらっしゃるかと思います。

まずは正直に担当婚活アドバイザーにご相談ください!

お見合いされた際のお相手のお返事を再度確認しましょう。一度お断りしたお見合い相手にまた会いたいと思っても、その当時のお見合いのお返事で『すでにお相手からお断りされている場合』は再会は難しいです。

当時のお見合い結果を確認されていない方は、担当婚活アドバイザーにご確認ください。

一度お断りしたお相手と再度お見合いする場合のポイント

もし、『お見合いされたお相手から、当時交際希望のお返事をいただいていた!』という場合は、再セッティングの可能性はゼロではありません。もう一度お会いしたい旨を、お相手の担当婚活アドバイザーにお伝えしてください。その際に重要なのが、

「決してお相手に悪い印象を持ってお断りしたわけではない」

ということをお伝えすること。

「まだ結婚相談所に登録したばかりで、どうお返事していいかわからなかった」

など、ご自身の事情を添えて、再度お見合いをしたいという希望を伝えていただきます。

お断りしたお相手にもう一度会いたい場合の注意点

1つお伝えしておきたいのが、軽い気持ちでお見合い再設定の希望を出していただきたくないということです。もしお見合いが再セッティングに至った場合、当時のお見合い相手からすると、あなたに一度お断りされたお相手です。

お見合い後「後悔したと思ってたけど思い過ごしだったみたい!また断ろう!」というのは、身勝手なご意見ですしお相手も傷つきます。お見合いの再セッティングを希望される場合は、それ相応の覚悟を持っていただきたいと思います。

例えばこれが3ヶ月以上期間が空いた過去のお見合いだった場合、「今さらなんなの?」と思う方もいらっしゃると思います。期間が 空けば空くほど、お相手はフリーではなく交際中である可能性も高まり、お見合いの再セッティングもむずかしくなるかもしれません。

再セッティングを断られたら、また前進されれば良いですし、お見合いの再セッティングを申し込んでいただく価値はあります!担当婚活アドバイザーとしてできることはいたしますので、遠慮せずにお伝えください。

お見合いでお断りしたお相手にもう一度会いたい場合はどうしたらいいか?についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ