youtube 電話 お問い合わせ

男性必見!お見合いの時に女性が見ている足元

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

以前に女性はセカンドバッグがきらいという記事を書きました。

過去記事:【婚活】セカンドバッグをお断りの理由にするのはやめましょう

それ以外に見ているところ。

それは男性のでございます。

靴といっても、男性はスーツだし、つまりビジネスシューズ、革靴ですよね?

ですが、あの、なんていうんですか?ずっく?コンフォートシューズっていうのかな?

スニーカーみたいに軽くて楽そうな革靴みたいなデザインの、なんちゃって革靴みたいな靴。

↓素材感はこんなイメージ
その婚活間違ってない?~婚活 And The City~ ふんでも痛くなさそうな感じです。

これを見てげんなりした女性ってけっこう多いです。

50代でもこれを履くのと革靴を履くのとでは、全然印象が変わります。

一気におじさんくさい印象になってしまうようです。

以前、結婚相談所歴6年だか7年の30代男性がいました。

その間に担当が4人だか5人だか変わって、私が産休に入ったアドバイザーの代わりに担当になりました。

彼は、片方の足が生まれつき悪くて、障害ではないんだけど、引きずるような歩き方をしていたんですね。

それはやっぱりお見合いをするにあたってとても彼を苦しめていたんですけど、彼がえらいなぁ~と思ったのは、普段、革靴ってはかないんです。自営でスーツを着るお仕事でもなかったし。

足も悪いので、彼用の特別なスニーカーを履いていたんですね。

でもお見合いの時は、お見合い場所まで靴を持っていって、お見合い前に履き替えて、荷物を預けて革靴でお見合いに臨んでいたんです。

お見合い相手にも事前に足が悪いことは伝えてるので、スニーカーでもご理解くださるはずなのに。

その当時はパーティーにもしょっちゅうきていたので、その当時からのお客様には、「そういえばあの、よくきていた男性はまだきてるんですか?」とか男性に聞かれます。

「もうとっくに結婚相談所で結婚して幸せにやってますよー!」というと「えーーーーー!」といわれます(笑)彼のこういう努力が実を結んだんだと私は思います。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ