Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'return_false' not found or invalid function name in /home/rhcl1/zelm.co.jp/public_html/wp/wp-includes/class-wp-hook.php on line 303
youtube 電話 お問い合わせ

【男性必見!】お見合いで印象を下げるシニア向け靴~男性の足元のご提案

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

今回は、男性向けの記事、「身だしなみ」についてです。

以前に、女性はセカンドバッグが嫌いという記事を書きました。

過去記事:【婚活】セカンドバッグをお断りの理由にするのはやめましょう

それ以外に見ているところ。それは男性の靴でございます。

シニア向けのコンフォートシューズは婚活には不向き

お見合いの時、男性はスーツか、ジャケット×パンツのジャケパンスタイルで、お出かけになります。その際の靴は、スニーカーではなく革靴をセレクトされると思うのですが・・・

一般的にはなんと表現するのでしょうか。コンフォートシューズと呼ぶのが正しいか分からないですが、「ズック」とも呼ばれたりする、スニーカーのように軽く、楽そうな、なんちゃって革靴みたいな靴。

↓素材感はこんなイメージです
その婚活間違ってない?~婚活 And The City~ ふんでも痛くなさそうな感じです。

なんかおじいちゃんみたいな靴を履いていて、年の差を感じちゃってげんなり・・・

このようなご感想を持たれる女性が、実は多いのです。

中高年・熟年シニア世代の足元となると、「できるだけ歩きやすい」「長時間歩いても疲れない」靴を選ぶでしょう。ついつい、先ほどご紹介したようなシニア向けシューズをセレクトしてしまいがちです。

ですが、一気におじいさんぽくなってしまうので、革靴か、同じコンフォートシューズでも見た目からは分からないような靴を選びましょう。今は色々な靴があります。

お見合いの時に靴を履き替えて婚活成功された男性

以前、結婚相談所歴6年、7年という30代の男性を担当した事があります。

その間に担当婚活アドバイザーも4,5人変わって、産休に入ったスタッフの代わりに、今度は私がご担当になりました。

その男性会員様は、片方の足が生まれつき悪くて、少し引きずるような歩き方をされる方でした。障害手帳は持っていないものの、周囲から見れば障害と感じさせるものです。

その障害もあり、婚活で苦労されてきたご様子でした。たしかにレジャー系は制限されてしまいますし、結婚相談所でお見合いするとなれば、女性もそういったハンデのある男性は避ける方も多いでしょう。

その方はいつも専用の特注のスニーカーを履いていらっしゃいました。私が、彼について感心したのは、お見合いの時は、お見合い場所まで靴を持っていき、お見合い前に履き替えて、荷物を預け、革靴でお見合いに臨んでいたんです。

お見合い相手にも事前に足が悪いことは伝えてるので、スニーカーでもご理解くださるはずなのに。

その当時は30代中心のお見合いパーティーにも、よくご参加いただいていたので、その当時の他のお客様から、「そういえばあの、よくきていた男性はまだパーティーにきてるんですか?」と聞かれます。

「もうとっくに結婚相談所で結婚して幸せにやってますよー!」というと、「えーーーーー!」といわれます(笑)こういう努力が実を結んだんだと私は思います。

同じように、中高年・熟年シニア世代の女性も、「ハイヒールで歩くのはしんどいから」と、お見合い用の靴をご持参される会員様もいらっしゃいます。お見合い相手に好印象を持っていただくために、結婚相手と出会うための具体的な努力です。

「楽だから」「持っていないから」ではなく、結婚したい相手がどんな人を好きかを想像して、それに寄せる努力をするのも大切です!

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ