営業時間 / 13:00~20:00(平日) 11:00~20:00(土日祝)  定休日 / 火・水

営業時間
→♀婚活女性必読ブログ(127)中高年・熟年シニア世代のための婚活ブログ(217)

【シニア婚活・中高年女性向け】お見合いのお返事や真剣交際に進んで良いか悩んだ時の決め手の3項目

こんにちは、東京・銀座で27年目、結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

中高年・熟年世代のシニア婚活をサポートしていて思うのが、50代にも60代にもなって、結婚観が若い女性が多い、ということです。

「ビビっとくる男性と出会えない」「お見合い相手にときめかない」と20代のように若い感覚の結婚観をお持ちで、結婚相談所で婚活しているはずなのに、50代や60代になっても恋活をしてしまっている方もいらっしゃるんです。

以前にも、こんな記事を書いたことがありました。

過去記事:結婚相談所のお見合いで出会った方を好きになれない

過去記事:「本当にこの人でいいのか」中高年シニア婚活女性の結婚観

50代・60代の婚活女性が、仮交際から本交際へ進む時や「本当にこの人と成婚退会していいか」と悩んだ時に、お相手男性のどんなところを基準にしたらいいかというと、実はシンプルな三つだけなんです。

今日は、中高年・熟年シニア世代の婚活女性が、結婚相談所のお見合いサービスでお相手探しをする際の決め手となる大切なポイントをお伝えしたいと思います。

お相手選びのポイント①【自分を大切にしてくれるかどうか】

婚活中の女性が仮交際でも本交際(真剣交際)でも男性に対して「私を大切にしてくれてありがとう♡」ってお相手男性に感謝する時ってどんな時ですか?

例えば、私だったら下記のようになります。

お相手選びのポイント②【人として尊敬できるか】

①でお伝えした、『自分を大切にしてくれるか』というのは、正直お相手がご自分に好意を持って接してくれるのかで自然に伝わってくるものです。それ以外に、中高年・熟年世代で一番大切なのは、お相手を尊敬・リスペクトできるか、という部分だと思います。

若い世代もそうなのですが、特に中高年・熟年世代になると、惚れた腫れたではなく、尊敬できるかできないか、がシニア婚活女性にとって、結婚相手としての大きな判断材料となります。例えば・・・

お相手選びのポイント③気楽さ・居心地の良さ

こちらも中高年シニア世代の婚活女性にとって、大切な決め手です。

もう子供を持たない“大人すぎる婚”だからこそ、共に苦労を乗り越えるのではなく、我慢や苦労をしないで済む相手、気楽に接することができて、居心地が悪くない、そんなふうに思えるお相手かどうかも決め手の1つです。

そして、この『3項目を全部完璧に満たすお相手を探さないこと』も大切です

お見合いのお返事や、仮交際から真剣交際に進む際に、何を基準に返事をしたらいいか迷った方は、以上のこの3項目をポイントに考えてみるといいでしょう。

そして、 結婚相談所で中高年・熟年シニア世代の方の婚活を早期で成功させるためには、この『3項目を全部完璧に満たすお相手を探さないこと』も大切です。

結婚相談所はお金を払って入会しているので、女性はつい理想の人を追い求めてしまう方もいらっしゃいますが、柔軟に総合的にお相手男性について考えていきましょう。

結婚相談所ブライダルゼルムでは、そんな50代~70代の婚活を、サポートしています。結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ