youtube 電話 お問い合わせ

気が進まない仮交際…生理的に無理な方との進展は難しい

こんにちは。東京・銀座の結婚相談所Bゼルムの婚活アドバイザー立花です。

以前書きました『お見合いで出会った方を好きになれない方』に関するブログは、多くの方に読んでくださっているようです。

参考ブログ: 結婚相談所のお見合いで出会った方を好きになれない

それだけ同じような悩みをお持ちの婚活女性が多いのかもしれません。今回のブログは下記の方向けの記事になります。

  • 結婚相談所で婚活中で、仮交際(プレ交際)中の方で、お相手に対して前向きな気持ちになれない方
  • 仮交際中だけど、この先どうしたらいいのかよくわからない方

「せっかく好意を持ってくれているし・・・」「悪い人ではないし・・・」とお相手男性の気持ちに応えられるかわからないまま、ズルズルとお付き合いを続けている・・・という方もいらっしゃるはず。

私も常日頃から「ときめきは二の次」。特に50~60代の婚活女性は特に、

  • 居心地が良い・気楽
  • 尊敬できるお相手

このあたりにポイントに判断されると、「幸せな結婚生活が送ることができる」ともお伝えしています。

でも、お気持ちが進まないのに「もう後がないかも」と無理して、仮交際を続けることはないんです。余計に婚活に対して、気持ちが後ろ向きになってしまいます。

生理的に無理な場合は進展は難しい

理屈ではなく、本能で生理的に無理と思ってしまったお相手に対して、

  • 条件がいいから
  • 相手が一生懸命アプローチしてくれるから
  • 他にいい人がいないから

など理屈で考えても、進展は難しいです。

生理的に理由なんてない、生理的に無理というのは、ただなんとなく嫌悪感を抱いてしまう・苦手に思ってしまうものです。でもその方のどんなところが生理的に無理なのか?ここで改めて、ご自身の『生理的に無理な人 』を明確にしてみましょう。

『なんとなく無理』ではなく、異性として見られないのは、例えばどんなタイプかを考えてみましょう。

  • どんな人と食事するのが嫌か?
  • どんな人と手が繋げないのか?

1つ1つ箇条書きで書きだしてみるのもよいと思います。そこで挙げた生理的に無理な部分が沢山ある男性とは、無理してお付き合いする必要はないかと思います。婚活は「そこを頑張ってどうにかする」というのものではございません。

「私ってストライクゾーンがせまくて、典型的な結婚できない女だわ・・・」

と悲観することもありません。ご自分にどんな人が合うのかわからない、という方は、逆に結婚相手として絶対に無理なお相手を考えてみるといいと思います。

案外、ご自身のストライクゾーンが狭くないことに気付くかもしれません。下記の過去記事もご参考になさってください。

参考ブログ:「本当にこの人でいいのか」中高年シニア婚活女性の結婚観

結婚相談所で婚活中の会員様とは、こんなこともお話させていただいています。ただプロフィールから選んで、お見合いを申し込んで、お見合いして・・・というプロセスの婚活サポートをしているだけではないのが、結婚相談所ブライダルゼルムです。

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ