youtube 電話 お問い合わせ

死別経験のあるシニアが「パートナーが欲しい」と感じる時

こんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

最近は、結婚相談所の婚活サービスへお問い合わせを下さる中高年・熟年シニア世代のお客様の中にも、再婚希望ではなく、「余裕を持ってお付き合いしてから、入籍へと進みたい」「未入籍婚・事実婚希望」という方が増えてきています。そして、「こんな考えでも結婚相談所でパートナー探しをしていいのか」とご相談をよくいただくようになりました。

結論から言いますと、それはもちろん可能です。中高年・熟年シニア世代のパートナーシップの形は様々なので、結婚相談所の婚活では、お互いのニーズに合ったお相手を探すことができます。

入籍をこだわらない・急がない理由

「余裕を持ってお付き合いしてから、入籍へと進みたい」「未入籍婚・事実婚希望」の多くが、死別をご経験された方でもあります。40代・50代ですと、まだ学生のお子様と同居中など、身軽な状況ではない中、パートナーを探したいというご希望される方も多いです。特に、死別をご経験された女性は、再婚したら遺族年金がなくなってしまうので、入籍を希望されていません。

「パートナーが欲しい」と最も感じる時は、旅行

死別をご経験された中高年・熟年シニア世代の方が最も寂しいと感じる瞬間は、「旅行に出かけた時」です。

  • 「元々、旅行好きの夫に付き合って出かけていたので、死別してからまったく旅行に行かなくなってしまった。」
  • 「『綺麗だね・美味しいね』と感動を共有できる相手がいなくなってしまった。」
  • 「旅行は一人料金だと割高。」
  • 「一人で旅行に行っても、景色の写真ばかりになってしまって、つまらない。」
  • 「旅先で寄り添いながら歩くシニアの夫婦を見ると、悲しくなる。」
  • 「旅先でも、一人分のお料理なので、色々食べたくても出来ない。」

死別の方とお話した際に、旅先に感じる事でよく聞くことを挙げてみました。

結婚相談所に登録するまでのハードルが一番高いのも死別経験者

死別をご経験されたシニア世代の男女にとって、お見合いパーティーや結婚相談所へ出かけるというだけでも、勇気のいることだと思います。亡くしたパートナーに対して後ろめたい気持ち、でも独りでいることの寂しさなど。

パートナーがいるありがたみを知ってるからこそ、色々と複雑な思いの中、行動なさっているのもよく分かります。「よく頑張ってここまでお出かけになりましたね。」という私の一言に涙されるお客様もいらっしゃいます。

いきなり、結婚相談所に登録するというのも抵抗感があると思いますので、中高年・熟年シニア世代向けのカジュアルな出会いパーティーから、いかがでしょうか。

死別経験者のシニアに人気の出会いパーティー

銀座サロンで開催されている50代・60代が中心の中高年シニア向け出会いパーティーの中で、死別の方に人気のパーティーは、

この2つが人気です。

他にも様々な企画のシニア世代向けパーティーが開催されていますので、ぜひお問合せください。

結婚相談所で婚活をご希望の方も、まずはパーティーから・・・とお考えかと思います。パーティーにお越しの際に、カウンセリングも可能ですので、ご予約の際にお気軽にお話する機会をいただけますと幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ