youtube 電話 お問い合わせ

【婚活アプリで800万詐欺】婚活詐欺で騙されるシニア女性の特徴

こんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。世間はお盆休みに入りましたが、朝から婚活関連のこんなニュースをテレビで見ました。

婚活アプリで知り合い800万円詐欺

婚活アプリで知り合った女性から、少なくとも800万円をだまし取ったみられる35歳の男が逮捕されました。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、大阪市のアルバイト・稲村淳司容疑者(35)です。稲村容疑者は去年7月から8月にかけて、婚活アプリを通じて知り合った東京・東大和市在住の30代の女性から、330万円をだまし取った疑いがもたれています。

 稲村容疑者は、去年2月に女性と知り合い、「必ず返すからお金を貸してほしい。迷惑をかけない」とうそをつき、少なくとも800万円を受け取ったとみられています。取り調べに対し、容疑を認めているということです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/588a4030e1bfbebe855f65e7ba8be3a1bf1c9fe9

こういったニュースが出る度に、これまでもブログで取り上げてきました。

仕事柄、私も、過去に婚活アプリやパーティーで出会った男性に騙されたという女性と直接お会いする機会が多いです。事件になるほど高額な金額というわけでもないため「警察に言うほどじゃない」と泣き寝入りした女性や、「お金を貸した自分が悪い。良い勉強代だ」と納得したという女性もいらっしゃいました。

婚活女性の真剣な気持ちを踏みにじって騙す方がもちろん悪い。ですが、婚活詐欺に騙されてしまう女性にも共通点があるんです。今回被害にあったのは、30代の女性でしたが、婚活アプリを利用している50代女性も増えていますし、中高年・熟年シニア世代の婚活女性もご参考にして頂きたいと思います。

騙されやすい女性の特徴①肩書きに弱い

医師・会社経営など、男性の肩書きに惹かれてしまう女性は、騙されやすいです。「この人と結婚できれば、まわりに自慢できて鼻が高い!」とすぐに結婚を意識してしまいます。

基本的に、婚活で詐欺をするような男性は、経済的に余裕があるように見せるのも上手です。そんな男性に好かれたいあまりに、頼られた時に何とか力になってあげたいと思ってしまいます。

金銭的な要求だけでなく、肉体関係を求められても、肩書きに惹かれて簡単に応じてしまいやすいです。

騙されやすい女性の特徴②相談できる友達が少ない

婚活アプリやパーティーでの出会いは、個人プレーで、独りで婚活を頑張っている方がほとんどです。

プライベートな恋愛事情を話せたり、「それっておかしくない?騙されてるよ」と言ってくれる関係性の友人は、年を重ねるほど少なくもなります。

50代・60代ともなると特に、婚活をしていることをまわりに知られるのが恥ずかしいという方もいらっしゃるでしょうし、独りで考えて行動してしまうからこそ、騙されやすいです。婚活詐欺師もそんな孤独そうな女性を狙っています。

騙されやすい女性の特徴③経済的に余裕がある

恵まれた環境で生きてきて、経済的な苦労をこれまで経験してこなかったタイプもターゲットになりやすいです。

あと、シニア婚活女性で気を付けたいのは、死別経験者賃貸収入で生活している方。自営・会社経営などご自分でお仕事をなさっている方です。お金に困ってなさそうなイメージを持たれやすいです。

騙されやすい女性の特徴④結婚願望が強い女性

男性とお付き合いした経験が少ないタイプの婚活女性は、依存しやすく、優しくされるとすぐ信用してしまい、ついその気になってしまいやすいため、操られやすいです。

婚活詐欺に遭うのは女性ばかりではない

いつもニュースで取り上げられるのは、被害者が女性のケースばかりですが、男性は、騙されたこと自体を恥ずかしいと思い、泣き寝入りしてしまっているケースが多いのかもしれません。

今回は女性について取り上げましたが、男性も他人事とは思わないようにご注意ください。

結婚相談所は婚活詐欺からあなたを守ります

婚活アプリや出会いパーティーは、結婚相談所と違い、交際に発展した際のその後については、当人同士の自己責任になります。そもそも、成婚退会までお二人の間に入りサポートをする存在がいないので、ルールなどもありません。

結婚相談所では、入会する際に必要な提出書類がありますので、詐称することができません。

「住民票」や「独身証明書」、「運転免許証」・「源泉徴収票・確定申告・年金手帳」・「短大卒業以上の学歴証明書」、有資格職の方の場合は「資格証明」やなどの提出が義務付けられています。

提出書類がないと、結婚相談所で婚活できないというのは、はっきりいって、面倒くさいですよね。ブライダルゼルムはシニア世代の会員様も多いので「大学の卒業証明!?卒業証書…どこにしまったかなぁ…」ということもございます。

でも、プロフィールお写真も撮影して、必要書類も揃えて、こんなに面倒な婚活準備をして、結婚相談所に入会するからこそ、真剣度が高いのです。

旅行のお誘い肉体関係を求められた時も、私たち婚活アドバイザーがお守りする立場にあります。

婚活アプリやパーティーは、気軽にご利用できるのがメリット。気軽に利用できるものほど目的意識はバラバラになりがちです。今回お伝えしたことに気を付けつつ、安全に婚活をしましょう。『とにかくお金は貸さない』最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ