youtube 電話 お問い合わせ

お見合いで出会った仮交際相手との連絡の頻度やNG行為について

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

結婚相談所でお見合いから、仮交際に入った時、「初デートまでの連絡頻度についてどうしたらいいか?」と、男性会員様からよくご相談を受けます。『お見合い後→交際』と呼んでいても、あくまでも便宜上の交際で、ただの仮交際。正式に恋人同士ではもちろんありません。ここからデートを重ね、本交際になった時が本当の『交際』です。特に、この時の女性の気持ちは「お見合いで話した程度ではまだよくわからないし、もう1回くらい会ってもいいかな?」ぐらいの温度がほとんどです。

男性からしてみたら、友達でもない、恋人でもない、かといって友達以上恋人未満でもない、ただのお見合い相手というこの中途半端な関係での、連絡頻度はどれくらいが適切なのか、わからないという方が多いようです。今回はは、『お見合いで出会った仮交際相手との連絡の頻度』についてお伝えしたいと思います。

ファーストコールから初デートするまでの連絡の流れ

まず、女性から積極的に連絡が来るとは考えないこと。基本的に、女性は受け身なため連絡は男性からすることが大切です。お見合い後のファーストコールは電話ですが、今は電話が苦手なタイプも多いです。初めてだとそのあたりもまだわからないと思いますので、長電話はせず、お見合いのお礼と感想などをまずお話します。

  1. ファーストコールの時に、次はいつ会えるのか、できれば都合のいいお日にちだけでも聞きましょう。お店や待ち合わせなどデートプランはメールやLINEでやりとりし合う流れで、5分程度で電話を切りましょう。
  2. 電話が終わったら、すぐにLINEやメールで、改めてお見合いのお礼とご挨拶をしましょう。
  3. 苦手な食べ物や、都合のいい場所などのやりとりします。
  4. お店をリサーチしましょう。初デートの待ち合わせを決めましょう。

お相手女性の連絡ペースに合わせる

ファーストコールの日にやることは、②まででOKです。できれば③まで進みたいところですが、それはお相手女性の反応次第になります。テンポよくお返事がくるタイプなら、1日に何回もやりとりしてもいいですし、LINEだったら既読がすぐつくタイプとそうじゃないタイプがいらっしゃいます。

立て続けにメールがくると、お返事をしなきゃ、と女性がだんだん苦痛になってしまいます。プレッシャーをかけてしまうことがないように、お相手女性の連絡のペースをまず知り合わせることが大切です。

初デート前に交際終了になりかねないメールやLINEのNG行為

◆返事の催促

LINEなどは既読が表示されるので、既読無視されているのか?と思い、再度また連絡してしまった、という方も中にはいらっしゃいます。後でゆっくり返信しようと見るだけ見たということもあるので、催促はやめましょう。

◆自分から何件も連続でメールやLINEを送る

連絡をしつこく一方的にしすぎると、女性にこわいと思われてしまいます。

◆返信が極端に遅い

返信が2~3日後など、あまりにも返信が遅いとお相手女性からも「あまり乗り気じゃないのかな」「このままお付き合いしても進展しなさそう」と思われてしまいます。

まとめ:お相手女性に合わせてバランスよくコミュニケーションを

いかがでしたでしょうか?メールやLINEの連絡の頻度には、正解はありません。お相手の生活リズムよっても、コミュニケーションの仕方も違いますし、価値観が違います。まずはお相手女性のペースを知り、合わせてやり取りする方が良いでしょう。あとは、デートの時に直接会ってお話した方が、お二人の距離も縮まりやすいので、メールやLINEで盛り上がりすぎないようにもしましょう。まめに連絡を取り合うよりも、交際中はデートを続けることがご成婚に結びつきます。

結婚相談所ブライダルゼルムでは、交際中のアドバイスも、担当の婚活アドバイザーが会員様一人一人に合わせ、サポートしております。結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ