youtube 電話 お問い合わせ

65歳以上の女性の婚活~こだわりを捨てるべき男性のプロフィール項目6つ

こんにちは、東京・銀座で29年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

緊急事態宣言解除の兆しが見えた頃から、前向きなお気持ちの方が増えたのでしょう。お問合せやカウンセリング依頼が、ぐっと増えました。その中には、65歳以上のご高齢のお客様からのお問合せも多く、時には息子さんやお嬢さんとご同伴で、お話に聞きにいらっしゃいます。

ただ、やはり、65歳以上の女性の方は、この年齢で婚活をスタートすることが不安でたまらないご様子です。

65歳以上の女性の不安

  • 「お金だけ無駄にしてしまうんじゃないか」
  • 「お見合いすらできないのでは…」
  • 「男性に相手にしてもらえなそう」
  • 「この年で婚活なんて、恥ずかしい…。でも結婚したいし…。」

65歳からの婚活、誰しも自信まんまんで結婚相談所に入会するというわけではありません。「このような男性を希望すれば、65歳以上や70代でも成婚できる」という希望実現させるため、『こだわらない方が良い』『こだわりを捨てるべき』男性プロフィール項目を挙げていきます。

①身長~ご自分とのバランスが大切

体重以外、身体的なことは努力でどうにかなるものでもないですが、いくつになっても女性は「自分より身長が高い人がいい♡」と考えるようです。

加齢で身長が縮んでしまったりもある年代です。女性はヒールの靴を履きますし、自分と同じ身長だと、自分の方が身長が高くなってしまったり、ぽっちゃりしている女性は、やせ型の男性だと自分が大きく見えてしまうと感じてしまう方もいらっしゃいますが、「170cm以上!」と数字で決めつけないようにしましょう。

私もお二人が並んだ時のバランスは常に意識して、ご紹介をするように心がけています。例えば、160cmの女性でしたら、男性の身長は164cmぐらいから許容にしましょう。実際にお会いした時に違和感を感じてしまったら、お断りすれば良いのです。

②収入~現在の収入に注目しない

65歳以上は年金生活の方も多いので、年収にこだわってしまう女性はお見合いのチャンスも減ってしまいます。

大切なのは、資産(預貯金や持ち家)と安定した年金があるのかということ。「経済的な苦労をしなそうなお相手と一緒になれれば良い」という気持ちが大切です。

③仕事内容~重視するのは安定した生活

アルバイトをして社会との繋がりを持ったり、「元気で働けるうちは仕事したい」という考えの男性を敬遠したり、資産状況もよく分からず、仕事をしないで年金だけで生活している男性を避けるのも、アドバイザーとしては「もったいない」と考えてしまいます。

それに、お二人きりでずっと家にいるような生活よりも、家を空ける時間・ご自分だけの時間がちゃんとある方が、熟年結婚は上手くいきます♪

④結婚歴~イメージで決めつけない

「この年まで初婚なんて、癖がありそう」「死別は引きずっていそうで嫌」「離婚した人は離婚理由が気になるので嫌」それぞれが、あくまでもご自分が持っているイメージであると理解して、決めつけすぎない方が良いです。

家族構成

「娘がいるから、再婚に反対されそう」「兄弟が多いから親戚づきあいが面倒くさそう」など、身内の交流がない男性もいらっしゃいますし、婚歴同様、イメージで決めつけすぎないことが大切です。

続柄「長男」は気にしない

「長男は嫌」こちらは、若い頃の感覚でお考えになってしまっている方に多いですが、実際にあまり関係ありません。

同じ目的の相手との「出会いの分母を増やすこと

実際にカウンセリングすると、男女共に60代以上の方は、結婚相談所で婚活していても

  1. 入籍して一緒に生活したい
  2. 入籍はしたくないけれど、一緒に暮らしたい(入籍はおいおい)
  3. 入籍はして、別居
  4. 入籍も同居もしない事実婚で通い婚のパートナー
  5. 相手次第(どういった形でも柔軟に対応できる)

これだけパートナーシップのご希望が様々です。入籍希望の女性が、事実婚希望の男性とお見合いしても、元々の目的が異なるので上手くいきません。同じ目的のお相手と出会いのチャンスを増やし、その中で、人として尊敬できなり居心地の良さが感じられるような、相性の良い男性を探していくことが大切です。

ご自身の中で最も重視する男性の条件は、婚活していきながら自然と見えてくるものでもあるので、65歳からの婚活は、「身長は175cm以上」「初婚は無理」など決めつけず、柔軟性を持って臨みましょう。それには、若い頃と同じような結婚観でときめきを求めすぎないことも大切です。

参考記事:「本当にこの人でいいのか」中高年シニア婚活女性の結婚観

中高年・熟年シニア世代の婚活が、結婚相談所の方が早くうまくいきやすいのは、こういったシニアならではの事情があるからです、私共のような専門的な婚活サポートが求められます。

ご年齢的に、会員プロフィールの情報量は、30代・40代よりは、半分以下になってしまいますが、中高年・熟年シニア世代の婚活中の男女は年々増えています。便利な婚活システムもあり、私共のようなシニア婚活のプロフェッショナルもいるので、心強い婚活ができるはずです。

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ